VDSLとはどこで使うどんなインターネット回線サービス?

インターネットの回線サービスには似たような名前のサービスも多くあります。
その1つがVDSLという回線サービスです。

実際に利用している人も多いと思いますが、このサービスではどんな特徴があり
どんな人が使えるのでしょうか?

ADSLと名前が似ているのはなにか関係があるのでしょうか。
VDSLサービスについて確認していきましょう。

VDSLとは光回線の集合住宅での分配方式の1つ

まずはVDSLについて確認をしてみましょう。
こちらはインターネット回線サービス、というよりもその方式の1つです。

簡単に説明すれば「集合住宅で光回線を使う時の分配方式の1つ」がVDSLです。
光回線サービスの1つ、というわけです。

ただし光回線を一戸建て住宅で契約してもVDSLが導入されることはありません。
使われるのは「集合住宅で契約した場合のみ」です。

ではなぜ集合住宅でのみ使われるのでしょうか。
それは集合住宅での光回線の契約に関係してきます。

インターネットのブロードバンド回線は一つの建物に1つしか設置できません。
ADSLを導入していれば光回線を設置できないのです。

そして1つの回線しか設置できないので、集合住宅のすべての住人がその回線を
使うということになります。

つまり契約した人に、建物に設置したブロードバンド回線を分配して配線し
その回線を契約した人が共同で使うということになります。

この集合住宅の回線方式の1つがVDSL方式、ということなのです。
回線分配をしない一戸建てでは使われることがないのです。

VDSL方式では電話回線を使って光回線を分配する

VDSL方式では基本的に光回線を契約している部屋に分配するために電話回線を使います。
光回線の分配方式には他にも種類があるのですが・・・

VDSL方式の場合は古くから使われている電話回線を使うので、築年数が経過している
醜状住宅でも導入しやすいというメリットがあります。

固定電話を使っているという家庭は今でも多く、スマホや携帯電話が普及する以前は
ほぼ100%の家庭で固定電話が使われていました。

そのためにアパートやマンションなど集合住宅では電話回線を設置していない
という部屋はほぼありません。

どんな建物でも光回線を導入できて、全ての部屋に分配できるためにVDSL方式を
使っている集合住宅は多くありました。

VDSLはせっかくの光回線の通信速度を100%活かしきれない

かなり多くの建物で使いやすく、光回線契約時にもあまり特別な機材を使わずに
インターネット接続が出来るという魅力がVDSLにはあります。

アパートやマンションのオーナーとしても、従来からある電話回線を使うので
建物に大きな設備投資が必要ないというメリットも。

ただしユーザーとしては、光回線の魅力をVDSLでは完全に活かしきれないという
デメリットも感じてしまいます。

単純に考えても、建物まで光ファイバーケーブルを使っているのに建物に入ると
電話回線を使っての通信に切り替わります。

自宅まで全て光回線で通信をする場合と比べれば、通信速度に大きな違いが出る
ということは明らかです。

実際にVDSLでのインターネット通信では速度が遅くなる、という意見もあります。
光回線の魅力がちょっと無くなってしまう、というデメリットを感じるところです。

集合住宅の光回線の分配方式を確認してみる

先ほど説明したとおりに、VDSLというのは集合住宅での光回線の分配方式の1つ
ということです。

そして建物によってはVDSL方式以外の分配方式を採用している場合もあります。
そちらはどんな方式で、どんな特徴があるのでしょうか。

とりあえず現状、集合住宅の光回線分配方式には3種類あります。

・ VDSL方式
・ 光配線方式
・ LAN方式

先ほどVDSL方式については簡単に説明しましたが、更に詳しく特徴などを合わせて
それぞれの分配方式について確認をしてみましょう。

VDSL方式では電話回線を使うので下り最高100Mbpsまで

まずはVDSL方式について、もう少し詳しく確認してみます。
電柱から光ファイバーケーブルを、集合住宅の共有部分に引き込みます。

共有部分や、大きな建物なら各階に分配用のボックスが設置されています。
光回線が使われているのは共有部分の分配装置までです。

そこから電話回線を使って契約している部屋のモジュラージャックまで通信が
届く形です。

モジュラージャックからは分配をさせて固定電話とVDSLモデムに接続。
VDSLモデムとパソコンなどをつないでインターネット接続が出来る、という形に。

光回線では下り最速1Gbpsという高速通信の契約もできますが、VDSL方式での
分配では途中に電話回線を使っています。

そのために通信速度は電話回線、メタル回線の最高速度下り100Mbpsまでです。
光回線の性能を十分に使えないというのはこれが理由なのです。

でも新規に建物に設置する機材などがほぼ必要ないので、管理会社や大家さんには
魅力の高い分配方式となっています。

新築の集合住宅では光配線方式を使っている所も多い

光配線方式は建物内全ての回線が光ファイバーケーブルです。
通信速度の劣化がない、高速通信が期待できる分配方式となっています。

基本的には一戸建て住宅で使われているのと同じ、電柱などから光回線を引き込み
光コンセントを設置します。

室内では光コンセントから回線終端装置のONUまで光ファイバーケーブルで接続。
ONUからパソコンなどに接続という形になります。

集合住宅の場合は共有部分まで光回線を引き込んだら、スプリッタなどの機材で
分配して各部屋まで光ファイバーケーブルで接続します。

部屋には光コンセントが設置されているので、そこから光ファイバーケーブルで
ONUまで接続、後はパソコンなどに接続するということです。

新築で光配線方式を最初から採用しているなら、建築中に壁に光ファイバーケーブルを
設置して、各部屋には電源のコンセント同じように壁に光コンセントを設置します。

後から導入する場合でも壁などに光ファイバーケーブルを設置して、エアコンダクトなど
すでに穴が空いているところからケーブルを入れて光コンセントをつけることもできます。

ユーザーとしては全て光ケーブルなので通信速度の劣化がなく、光回線の通信速度を
十分に使いこなすことが出来る分配方式になります。

マンションオーナーには、光回線導入というコストがかかりますが通信速度が速い
インターネットが出来るというのは入居者募集時の大きな魅力になります。

LAN方式は実装されている建物がかなり少ない

LAN方式は基本的には光配線方式と同じです。
共有部分で分配する回線にLANを使っている、という違いがありますが。

イメージとしては自宅の光回線をルーターで分配している、というところでしょうか。
LAN方式では建物の共有部分に光回線を引き込んでLANで分配しています。

共有部分ですでにONUに接続、そこから全戸に分配できるルーターを使って
契約した部屋までLANケーブルを使って回線を接続させます。

部屋の中にはLANコンセントがあり、そちらにLANケーブルを使ってパソコンを
つなげばインターネット回線への接続が出来ます。

共有部分ですでにONUを通過しているので、部屋の中に設置するものはありません。
ただ現状、集合住宅でLAN方式を採用している所はかなり少ないです。

やはり建築中にLANケーブルを配置しておく必要がありますし、後からつけるなら
光配線方式の方が工事がしやすく通信速度も安定します。

LAN方式の場合、通信速度の劣化は使っているLANケーブルによって変わるので
自分で交換できない場所も多いというデメリットも。

最近では光配線方式の集合住宅も多い

集合住宅のオーナーとして考えるなら最初からある電話回線を使ったVDSL方式での
光回線導入はコストも減らせるのでとても魅力的です。

ただユーザーとしては通信速度が光回線としての性能を活かしきれない、という
かなり大きなデメリットが気になるところです。

そのためか、最近では入居希望に「光配線方式」を選ぶという人も多いとか。
実際にライフラインの1つになりつつあるインターネットは快適にしたいところです。

それを受けて、最近では光配線方式を導入している集合住宅でもかなり多くなりました。
あとから導入をしているという集合住宅も増えています。

LAN方式はかなり大型の集合住宅、マンションなどの一部で導入されている
ということですが・・・

LAN方式を希望する人も少ないはずですが、LAN方式を採用している集合住宅を
狙って入居するのも厳しいかと。

ADSLとVDSL方式は基本的に違うもの

インターネット回線への接続サービスにはADSLというサービスがあります。
文字的にはVDSLと似ているのですが、こちらとは基本的に違うサービスです。

簡単に説明するとADSLとは「電話回線を使ってインターネット回線に接続するサービス」
VDSL方式とは「光回線の分配を電話回線で行う方式」という違いがあります。

そもそもADSLというのは電話回線を使ってインターネット接続をするためのサービスで
VDSL方式というのは光回線の分配方法の1つです。

言葉が似ているだけで、実際には全く別のことを指している言葉なのです。

ではなぜ似たような言葉になってしまっているのか。
それはどちらも「電話回線」を使っているからなのです。

ADSLとVDSL方式の共通電は電話回線を使っていること

ADSLでは自宅の電話回線を使って、デジタル信号をNTTの中継局まで通信して
そちらにある巨大なモデムでインターネット回線への接続をするというサービスです。

インターネット接続サービスの1つなので「ADSL回線」と言われることもありますが
本当はサービスの方法の名前なので「回線」ではありません。

インターネット接続に利用するのは「電話回線」で、それを使ったサービスが「ADSL」
ということになります。

VDSL方式とは集合住宅に設置した光回線を、各部屋まで分配するための方法のことで
こちらも集合住宅に設置してある電話回線を使っています。

つまり言葉が似ているのはどちらも「電話回線」を使っているから。
ちなみに「DSL」はDigital Subscriber Lineの頭文字を取っています。

これがいわゆる電話回線のことで、最初の文字以外が同じなのは電話回線という英単語を
どちらも入れているためということになります。

ADSLとVDSL方式では使われている電波の種類が違う

一応ADSLとVDSL方式には違いがあります。
それは使われている電波の種類が違うのです。

データ通信をする場合、使っている電波の周波数帯が高いほど一度に多くのデータを
送ることができます。

ただし周波数帯を高くすると遠くに届きにくくなります。
場合によっては長距離の通信が必要なADSLではとても使いにくくなります。

でも同じ建物内で通信をするVDSL方式なら長距離のデータ通信がないので通信速度を
上げるためにも高周波数帯の電波が使われています。

そしてADSLでは長い距離を通信できるように低周波数帯の電波を使って通信をする
ということになっています。

VDSL方式のマンションを光配線方式に変更することは厳しい

インターネット通信をする場合に、自宅マンションが光配線方式なら通信速度に
劣化もなく高速での通信が出来るということがわかりました。

でも実際には光配線方式ではなく、VDSL方式だった場合に分配方式を変更する
ということが出来るのでしょうか。

オンラインゲームをするような場合、回線速度はプレイにも大きく影響を与える
ということが多いです。

オンラインゲームのために光回線への加入を考えている、という方には集合住宅の
回線分配方式も気になるところかと。

でも自宅マンションがVDSL方式だった場合に、勝手に光配線方式に変更をする
ということは出来ません。

インターネット回線の分配方式は、住居部分だけではなく共有部分にも関係するので
住民の一存だけで決定することが出来ないのです。

特にVDSL方式から光配線方式にするなら、建物全部の配線を光ファイバーケーブルに
変更するという大きな工事が必要です。

自分の部屋の分岐にだけ光ファイバーケーブルを使う、ということが出来ないので
回線分配方式を変更するには管理会社や大家の許可が必要になります。

当然工事費用の負担などで住民同士の話し合いも必要になります。
マンションの回線分配方式の変更というのはかなり厳しいと考えられます。

VDSL方式でもオンラインゲームは出来る

ではVDSL方式でもオンラインゲームは出来るのでしょうか?
これは問題なく出来る、と言えます。

ただし集合住宅での回線速度は、かなり周囲の状況に影響を受けます。
場合によってはとても遅くなる可能性も・・・

元々1つのインターネット回線を複数のユーザーで分配して使っています。
1人のユーザーがヘビーユーザーで、回線を独占してしまうということも。

建物に配置しているのが光回線だとしても、大勢のユーザーが同時に使えば
回線は建物内でも混雑してしまうことになります。

通常時なら問題なくオンラインゲームのプレイは出来るのですが、混雑時には
プレイに影響が出る可能性は十分に考えられます。

インターネット回線サービスごとにVDSL方式で使えるか確認してみる

建物の光回線分配方式を変更することが難しい、ということはわかってもらえたかと。
では契約するインターネット回線サービスごとに確認をしてみましょう。

光回線をマンションなど集合住宅で設置している場合に、そこで契約できる
光回線サービスに違いがあるのかを確認してみます。

例えばVDSL方式だった場合に、特定サービスを契約することが出来ないということは
あるのでしょうか。

有名な光回線サービスごとにVDSL方式で契約できるのかを調べてみます。

ドコモ光はVDSL方式でも使える

ドコモ光は光コラボレーションというサービスの1つです。
光コラボレーションとはフレッツ光とプロバイダ料金がセットになったサービスです。

今まではフレッツ光の月額料金とプロバイダの月額料金が別々に支払いでしたが
光コラボではこれをセットにして割引してもらえます。

ドコモ光もフレッツ光を使った光コラボの1つで、回線自体はフレッツ光なので
フレッツ光を設置している集合住宅なら契約することができます。

当然集合住宅がVDSL方式でも問題なく契約が出来ます。

auひかりでもVDSL方式でのサービス提供がある

フレッツ光とは違った光回線サービスの1つ、auひかりでも契約を見てみると
タイプVというVDSL方式での分配をしている契約があります。

すでにマンションなど建物にauひかりが導入されているなら、こちらの契約をすれば
VDSL方式での通信も問題なく出来ます。

ただ、auひかりを建物に導入していることが条件です。
フレッツ光を設置しているアパートにauひかりで申込みは出来ません。

VDSL方式での契約はauひかりでも出来ますが、それはあくまでもauひかりを
契約できる建物であることが条件です。

ソフトバンク光も光コラボなのでVDSL方式での利用は可能

ソフトバンク光の場合はどうなのでしょうか。
ソフトバンク光もフレッツ光を使った光コラボの1つです。

つまり回線としてはドコモ光と同じく、NTTのフレッツ光を使っています。
フレッツ光が設置してある建物なら問題なく契約することができます。

そしてVDSL方式での契約も問題ありません。
他の光コラボ同様に、普通に契約して使う事が出来ます。

NURO光は全て戸建てプランのように直接引き込みをする

最近とても注目されている光回線がNURO光です。
こちらはちょっと特殊で、集合住宅でも戸建てプランでの加入が基本です。

一応集合住宅用のプランもあるのですが、こちらに加入するには管理会社などに
確認を取る他にも加入戸数の条件などがあってとても厳しいです。

普通は集合住宅でも戸建てプランでの加入申し込みになります。
つまり部屋に直接光ファイバーケーブルの引き込みをするのです。

他の光回線サービスのように集合住宅プランに加入して、回線を分配するのではなく
部屋に直接インターネット回線を引き込むので、回線分配をしません。

つまりVDSL方式での利用をすることはないのです。
すでにNURO光が導入されている集合住宅ならその可能性もありますが。

VDSL方式でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6での通信は可能

回線サービスではないのですが、回線の混雑を回避することが出来るために
回線速度の向上が見込めると話題の通信オプションがあります。

それがIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式というサービスで、こちらは従来とは
違ったプロバイダを使わない通信が出来るので通信速度が遅くなりにくいのです。

このサービスをVDSL方式でも使う事ができるのか。
また使った場合に効果は実感できるのか。

まずVDSL方式でもIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスに加入が出来ます。
当然対応したWiFiルーターなども必要にはなりますが。

そして通信速度の低下がない、という実感も一応出来るのです。
元々VDSL方式では通信速度が下り100Mbpsとそれほど高くはないのですが・・・

VDSL方式でも下り速度が80Mbps程度で安定している、という口コミもありました。
一戸建てでの下り400Mbpsを超える通信速度、というのは期待ができないのですが。

VDSL方式の限界近くまで通信速度を出して、そこで安定させることが出来るというのは
効果が実感できると言ってもいいかと。

VDSL方式とADSLはどちらも古い規格

どちらも電話回線を使っているために似たような言葉になってしまうVDSL方式と
ADSLですが、その違いはかなりはっきりとありました。

そもそものサービス提供内容が違いますし、光回線の分配方式の1つがVDSL方式で
インターネット回線接続サービスの1つがADSLです。

どちらも共通点の「電話回線」という言葉が使われているので似たような言葉に
なってしまっていますが。

そしてもう1つ、共通点といえばどちらも規格としては古いものです。
現状光回線が主流になっているので、電話回線を使ったサービスは古い印象です。

新築のマンションなら光コンセントが壁に内蔵されているのはかなり一般的です。
そのためにVDSL方式での海鮮分配をすることは少なくなりました。

当然インターネット接続サービスとしても電話回線を使うADSLはすでに
サービス提供終了が発表されています。

どちらも現在では古い規格なので乗り換えを考えるのもおすすめします。