VDSLモデムってどんな装置のこと?

集合住宅で光回線の契約をした場合、その建物で使っている回線の分配方式で
通信速度がちょっと変わってきたりもします。

更に分配方式によっては自宅内に機材の設置も必要になるのですが・・・
その設置機材の1つがVDSLモデムです。

実際に使っている方も多いVDSLモデムですが、詳しくはわからないことも多いかと。
そこで詳しく調べてみることにしました。

VDSLモデムとはデジタル信号とアナログ信号の相互変換器

まずはVDSLモデムについて、これはどういった装置なのでしょうか。
単純に言えばインターネット接続に必要な機材、ということなのですが・・・

日本語で説明すれば、VDSLモデムというのは「変調復調装置」といいます。
言葉を説明するなら、デジタル信号とアナログ信号を変換する装置ということです。

VDSLモデムは光回線を集合住宅で契約した場合に、建物内の回線分配にVDSL方式を
利用しているなら契約者の自宅に設置されるモデムです。

光回線の信号は共有部分で一度、電話回線を通せるようにアナログ信号に変換されます。
その信号が電話回線を使って契約した各部屋まで届けられます。

部屋の中ではパソコンなどでその信号を受け取ることになるので、デジタル信号に
変換する必要があります。

そのために使われるのがVDSLモデムです。
パソコンからデータを送信する時にアナログ信号に変換する役割もあります。

元々モデムというのは電話回線のアナログ信号とパソコンのデジタル信号を変換する
という装置のことです。

それをVDSL方式の集合住宅で使うので「VDSLモデム」という名前になっているのです。

一戸建てでVDSLモデムを使うことはない

VDSLモデムは光回線を分配する方式がVDSL方式の集合住宅の中で使われる機材なので
一戸建て住宅では使われることがありません。

そもそも一戸建て住宅で光回線を契約すれば、電柱から直接屋内に光ファイバーケーブル
という光回線専用ケーブルの引き込みが行われます。

それを光回線終端装置、ONUに接続してパソコンなどにつなげます。
回線分配をする必要がないのでVDSL方式での分配もありません。

家庭内でのインターネット回線分配はONUにルーターを接続すれば出来るので
VDSLモデムを使うことがないのです。

集合住宅でもVDSL方式以外の分配方式をしているなら使わない

集合住宅でのみ使うのがVDSLモデムですが、集合住宅の光回線分配方式が
VDSL方式ではない場合にもVDSLモデムは使いません。

光配線方式だと一戸建て住宅と同じように家庭にONUを付ける必要があります。
この場合はVDSLモデムではなくONUが設置されます。

LAN方式の場合は集合住宅の共有部分にONUを設置して、そこからLANを使い
各家庭に分配するのでONUもVDSLモデムも必要ありません。

VDSLモデムは「集合住宅の光回線分配方式がVDSL方式の時のみ使うモデム」
ということになります。

かなり限られた状況で使われる機材なので、確かに詳しく知っているという人は
それほど多くはないかと。

VDSLモデムは型番で判断できる

自宅で使っている機材はVDSLモデムなのかわからない。
という方は、その機材を確認してみることをおすすめします。

多分ですが、光回線の契約をした場合でも送られてきた機材を説明どおりに
接続してインターネットを使っているだけ、という人も多いかと。

この場合は自分が何の機材を使っているのかもわかっていない、という状況も
多いと考えられます。

でも機材には型番があって、それがちゃんと機材自体にも記載があります。
それを見れば、自分が何を使っているのかは判断が出来ます。

ちなみにVDSLモデムの場合、型番に「VDSL」と記載されているものもあります。
一般的にはVHと書かれているものが多いようですが。

VDSLモデムを使っているなら、このどちらかの型番の機材を使っているはず。
それ以外なら別の分配方式でインターネットをしている、ということです。

ONUやホームゲートウェイでは別の型番なので判断しやすい

例えばNTTのロゴがある機材は、別の種類なら完全に型番が違います。
VDSLモデムなら「VH」か「VDSL」で始まる型番です。

これがひかり電話の契約も同時にしている場合には別の機材、ホームゲートウェイ
という機材が必要になります。

こちらの場合は型番が「RR」「RV」「RT」「XG」という文字列から始まる型番です。
VDSLモデムとは全く違う型番なので簡単に判断が出来ます。

それに光分配方式で使われるONUは「GE」と「GV」から始まる型番です。
こちらも全く違う型番なので判断はしやすくなっています。

契約の時に説明があると思うのですが、忘れてしまったという場合に自分がどんな
分配方式での契約をしているのか確認する方法にもなります。

VDSLモデムによって通信速度が変わる可能性はある

VDSLモデムは集合住宅の光回線分配方式がVDSL方式の場合に使います。
でもVDSL方式は分配方式の中でも通信速度が遅い、と言われています。

VDSL方式の場合、光回線の分配に元々設置されている電話回線を使います。
特別な工事がいらないというメリットもあるのですが・・・

電話回線を使う場合、通信速度の上限がかなり低くなります。
つまり最高速度が光回線に比べるとかなり遅くなってしまうのです。

フレッツ光なら現在下り最速1Gbpsの契約が出来ますが、電話回線の場合
下り最速100Mbpsが通信速度の限界なのです。

下り1Gbps出せる光回線の性能をVDSL方式では使い切ることが出来ない
ということになります。

ただ同じVDSL方式を使っていても機材の性能によって通信速度は更に
大きく変わる可能性があるのです。

古いVDSLモデムよりも、新しいVDSMモデムの方が通信速度は速くなります。
回線速度を気にするならVDSLモデムの交換という方法も考えられるのです。

VDSL方式の通信速度は周囲の環境で大きく変わる

では実際にVDSL方式の光回線契約ではどれくらいの通信速度が出るのか。
口コミなどを探してみました。

確かに色々な口コミがあり、中には光回線のはずなのに下り10Mbpsにも届かない
通信速度という報告もありました。

VDSL方式の場合、使っているのが電話回線なので下り最高100Mbpsまでという
速度制限があります。

しかも契約者全てが共同で1つのインターネット回線を使っている状況です。
そのために周囲のインターネット接続状況で大きく通信速度が影響されるのです。

ただし悪い影響だけというわけではないようで。
口コミの中にはかなり速い通信速度が出る、という意見もありました。

下り30Mbpsも出ていれば、普通にインターネットをするためには十分です。
かなり特殊な例ですが、下り80Mbpsを超えるという報告もありました。

一般で気にVDSL方式では通信速度が遅い、という意見は多いのですが
それも確実ではありません。

周囲の状況によってかなり通信速度に違いが出ることがあるので、VDSL方式の
すべてが遅いということにはなりません。

インターネット回線接続サービスの違いでVDSLモデムの扱いが違うのか確認

VDSLモデムのことがわかってもらえたところで、実際にインターネット回線への
接続サービスごとに使い方の違いがあるのかを確認してみましょう。

基本的に集合住宅で光回線を契約した場合、回線分配方式にVDSL方式を使っている
という状況でのみVDSLモデムが使われます。

このVDSLモデムが使われる状況というのは、契約するサービスの種類によって
変わってくるのでしょうか。

そもそもVDSLモデムが使われない、という状況がないのでしょうか。
それらも含めて確認をしてみます。

フレッツ光(NTT東日本)の場合

集合住宅でVDSL方式を使っている場合、必ずVDSLモデムをレンタルすることに。
ひかり電話も使う場合は更にホームゲートウェイもレンタルすることになります。

2台を接続するという配線はインターネット回線に詳しくない方にはかなり厳しい
ということになるかと。

一応は派遣工事で設置する場合には職員が設置していってくれるのですが。
ただ設置は状況によって変わるようで・・・

基本的にはNTTが自宅内での設置工事をする、ということになっていますが
集合住宅でVDSL方式の場合に派遣工事になることはほぼありません。

職員が派遣されない場合は契約者が自分で設置をすることになります。
配線方法などは説明書やNTTの公式サイトで確認ができます。

インターネット機材の接続が苦手、という方はNTTのサポートダイヤルなども
利用して頑張って接続をしてください。

フレッツ光(NTT西日本)の場合

フレッツ光をNTT東日本で契約したときと同じです。
VDSLモデムはレンタルで、基本は業者が設置することになっています。

ただやはりVDSL方式の集合住宅での契約は派遣工事となることが少ないです。
レンタル器材も郵送されてくるので、自分で設置をする必要があります。

VDSLモデム設置のための詳しい説明書が、本体と同梱されているはずなので
それを見て接続しましょう。

auひかりの場合

フレッツ光ではない光回線サービスのauひかりではVDSLモデムはどうなっているのか。
こちらもレンタルで借りることが出来ます。

ただしレンタル料金は月額400円、auスマートバリューなどのキャンペーン特典が
適応されると免除ということになるのですが。

レンタルされる機材はVDSL機能内蔵ホームゲートウェイ、もしくはVDSLモデムと
ホームゲートウェイの2台です。

キャンペーン適応条件にはIP電話加入というのが含まれていることもあるので
状況によってはモジュラージャックから色々と配線が複雑になることも。

でもauひかりでは基本的に自分で設置することになるので、インターネット回線の
配線に詳しい人に説明をしてもらうのもおすすめです。

ソフトバンク光の場合

ソフトバンク光は「光コラボ」というサービスの1つです。
光コラボとは「フレッツ光を使ったプロバイダ一体型の回線サービス」です。

つまりソフトバンク光とは「フレッツ光」を使っているインターネット回線接続の
サービスということになります。

フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合は、NTTからレンタルしていた
機材をそのまま使い続けることになります。

当然VDSLモデムもそのままソフトバンク光で使い続けることになります。

そして新規加入申し込みでソフトバンク光を使う場合でも、回線機材のレンタルは
NTTから行われることになります。

はっきり言えば新規にソフトバンク光の申込みをしても、回線工事はNTTの
関係会社が行っています。

その時に設置、または郵送されるのでソフトバンク光でもNTTのVDSLモデムを
使うということになります。

ドコモ光の場合

ドコモ光もソフトバンク光と同じ光コラボ、つまり回線にはフレッツ光を使っている
インターネット接続回線サービスということになります。

やはりソフトバンク光と同じく、転用で契約した場合はそのままVDSLモデムなどの
機材を使い続けることになります。

新規契約した場合でもやはりソフトバンク光と同じく、NTTが回線工事に来るので
そちらからVDSLモデムをレンタルする事になります。

機材設置はVDSLモデムの場合、自分で行うことになる場合が多いようで。
こちらも説明書、ガイドブックなどが付属しています。

光コラボの場合でもレンタルされるVDSLモデムはNTTのロゴ入り

光コラボでは回線にフレッツ光を使うので、基本的に回線関係のレンタル器材は
全てNTTからのレンタルということになります。

ソフトバンク光に新規加入申し込みをしても、VDSLモデムなどはNTTのロゴが
入っている機材が届く事になります。

そしてVDSLモデムを使う状況、つまり光回線の分配方式がVDSL方式の場合には
開通工事のために職員を派遣させることはほぼありません。

契約者の自宅内部で工事も行われないので、機材の設置は基本的に契約者本人が
自分で行うということに。

そのための詳しい説明書なども一緒に送られてくるので、それを見ながら間違いなく
接続するようにしましょう。

VDSLモデムは故障すれば交換してもらえる

VDSLモデムはインターネット回線接続のために必ず必要になるものです。
そのためにここが故障してしまえば、インターネット回線への接続は出来ません。

そして経年劣化で故障を起こす可能性は十分に考えられます。
故障した場合は回線業者に連絡をして交換してもらいましょう。

注意点としては、光コラボの場合は連絡先が回線業者ではないこと。
光コラボでは回線にフレッツ光を使っていますが、窓口は光コラボ業者です。

つまりフレッツ光とプロバイダの契約をしているなら、VDSLモデムの交換は
NTTに連絡をするということになります。

でもソフトバンク光の契約をしているなら、回線にフレッツ光を使っていても
連絡するのはソフトバンクということになります。

ちなみに故障している場合には無料で交換が出来ますが、ユーザー都合での交換には
機材代金がかかる可能性があるので注意しましょう。

VDSLモデムのランプの状態を確認してみる

インターネット接続が出来なくなった時に、VDSLモデムやWiFiルーターの故障を
疑うという人は多いです。

でもどこに問題があるのかを判断するのはちょっと大変です。
そこでまずは機材のランプの状態を確認してみましょう。

VDSLモデムにも色々なランプがあり、それぞれがモデムの状態を表しています。
説明書などを見て、それぞれのランプの状態に異常がないか確認をしておきましょう。

このランプの状態によってはインターネット接続をしなくてもVDSLモデムが
故障しているということが分かる場合も。

その場合は、ランプの状態をサポートセンターなどに電話した時に伝えると
話がとても早くなります。

まずはVDSLモデムやWiFiルーターのランプの状態を確認しましょう。

VDSLモデムの再起動もおすすめ

機材のランプに異常が見られないのにインターネットにつながらない、と言うなら
VDSLモデムの再起動をしてみるのもおすすめです。

少しぐらいの不具合なら、電源を落として再起動させるだけで解消されている
ということもあります。

再起動の方法はVDSLモデムの型番などによっても変わりますが・・・
基本的には電源を抜いて、もう一度指し直すだけです。

リセットボタンがあるならそれを押してみる。
それでも症状が改善されなければACアダプターなどを抜いてみましょう。

1分くらい放置してから、ACアダプターを指し直せば再起動出来ます。
これで症状が改善されていれば問題はありません。

ついでにWiFiルーターの再起動もしておけば、ルーターのバッファの開放も
出来るので不安定になっていた接続が安定する可能性も。

VDSLモデムの故障を疑う時には、まず再起動をしてみましょう。

VDSLモデムにはWiFi機能などがない

VDSLモデムというのは最初に説明したとおり、アナログ信号とデジタル信号を
相互に変換するためだけの装置です。

つまりVDSLモデムにはそれ以外の機能がついていないので、WiFiルーターや
スイッチングHUBのような機能は付いていません。

信号を変換するためだけの装置なので、ルーターのように設定などは必要なく
回線を接続するだけで使う事が出来ます。

ただ、以前はNTTでも「VDSL機能付きのホームゲートウェイ」という機材が
レンタルされていました。

これはホームゲートウェイにVDSLモデムの機能をつけた複合型の機材です。
色々な機能が搭載されていて便利ですが、故障すると全てが使えなくなります。

そのためなのか現在では新しい機種が作られてはいないようです。
ひかり電話の契約をする場合、VDSLモデムとホームゲートウェイが送られてきます。

そして自宅でWiFi端末を使いたい、という場合にはVDSLモデムにWiFiルーターを
接続する必要があります。

市販のWiFiルーターを接続することも出来る

VDSLモデムとWiFiルーターの接続はとても簡単です。
基本的にはVDSLモデムのWANとルーターのWANをつなぐだけです。

1台で使っていた場合、VDSLモデムとパソコンを直結していたはずです。
そのパソコンの部分にWiFiルーターを設置するだけです。

パソコンはWiFiルーターと接続をします。
パソコン本体にインターネット接続設定をしている場合は解除しましょう。

そしてWiFiルーターにインターネット接続の設定をします。
プロバイダのIDとパスワードを入力して、PPPoEでの接続が出来るようにします。

この辺りはWiFiルーターに詳しい接続の説明があるので、詳しくはそちらを参考に
接続をしましょう。

当然WiFiルーターはNTTやプロバイダからレンタルすることも出来ますが
市販されているWiFiルーターを購入して接続することも出来ます。

VDSLモデムは基本的にレンタル料金無料

ホームゲートウェイなどでWiFi機能を使う場合、WiFiカードのレンタルが必要で
そのためには月額料金を支払います。

ホームゲートウェイのレンタル自体にも月額料金がかかるというプロバイダもあり
レンタルの場合は基本的に月額料金がかかるのですが・・・

VDSLモデムの場合、多くのところでレンタル料金がかかりません。
フレッツ光の場合、NTT東日本とNTT西日本の両方で無料レンタルされます。

VDSLモデムの場合は回線サービス提供のために必ず必要な機材、ということなのか
別途月額料金がかかるということはほぼありません。

でも全ての回線サービスで無料、というわけではないので注意しましょう。

VDSL方式でもIPv6サービスの効果はある

プロバイダの混雑を解消することで、通信速度向上に期待ができるサービスとして
注目されているのがIPv6方式の接続サービスです。

フレッツ光で提供されているこちらのサービスは、人によってはかなりの効果が
実感できたととても人気のサービスになっています。

高速通信が出来るようになるなら、VDSLモデムを使うVDSL方式でもその効果は
実感できるのでしょうか。

実際にVDSL方式の集合住宅でIPv6サービスに加入した人によれば、高速通信の
実感は十分にできるということです。

確かにVDSL方式ではメタル回線の通信速度が下り最速100Mbpsという制限があり
高速通信が出来る、という印象はありません。

でもIPv6サービスへの加入で通信速度が下り80Mbpsを超える数値になった
という口コミもかなり多く見られます。

下り80Mbpsあれば通常のインターネット回線の利用方法なら十分な速度だと
言えるので、間違いなく効果はあります。

VDSLモデムの交換でも通信速度が上る可能性も

以前からVDSL方式の通信では速度が出ない、と言われています。
ただし現状ではIPv6方式のサービスが利用できるという状況です。

それなりの高速通信が安定してできるようになったので、遅くて仕方がない
という印象ではなくなりました。

それにVDSLモデムも新しい機種が出来ていて、故障した人が交換してもらったら
かなりの高速通信が出来るようになったという報告も。

長い間使っているVDSLモデムなら通信が安定しなくなった、という理由でも
交換対象になる可能性は高いです。

確かに集合住宅で同じ回線を複数人数で使う、という状況では混雑での速度低下も
予想できるのですが・・・

VDSL方式の通信サービスでも通信速度を高くする方法はあります。
出来ることを試してみてはいかがでしょうか。