VDSLの通信速度は遅いって本当?

インターネット接続回線サービスを使う時に、気になるものの1つに通信速度があります。
当然速度が速いほうがいい、という方も多いかと。

実際にインターネットを使う場合、通信速度は速いほうが快適に使えるという意見は多く
高速通信が出来るサービスには注目も集まるのですが・・・

集合住宅でも使われているVDSL方式という通信方法が遅い、という噂があります。
これが本当なのか、確認してみることにしました。

VDSLでは通信速度が最高100Mbpsと決まっている

VDSLという通信方式では本当に通信速度が遅くなるのか。
調べてみると、VDSLでは通信速度が下り最速100Mbpsと決まっているそうです。

つまり下りの通信速度は100Mbps以上出ることがない。
ちなみに上りも100Mbpsが最高速度になるそうですが。

現状の光回線の通信速度は下り最速1Gbps、つまり1,000Mbpsという事になります。
この光回線の最高速度を考えると、やはり遅いという印象になるのですが。

それに、実際にVDSLを使っている人の口コミを見ても通信速度に関する不満は
かなり多く見つかります。

でもその一方でVDSLだけど不満もなく使える、という意見をみることも出来ます。
通信速度に関してはかなり多くの意見があるようです。

ではそもそもVDSLとは何なのでしょうか?
どんな通信サービスなのか、ちょっと確認をしておきましょう。

VDSLとはデジタル加入者線の1つ

VDSLとはDSLサービスの1つで、デジタル加入者線というサービスの1つです。
デジタル加入者線とはツイストペアケーブルを使ったデータ通信をする技術です。

ツイストペアケーブル通信線路とは簡単に言えば以前から使われているメタル回線を
使って行う電話回線サービスのこと。

つまり電話回線を使ってデジタル通信をすることの1つがVDSLです。
ちなみにデジタル加入者線をまとめてxDSLと呼ぶこともあります。

有名なところで言えば、以前はかなり多くのユーザーが使っていたADSLもこの仲間で
同じように電話回線を使ってインターネット接続をしていたことがわかります。

VDSLもこのADSLと同じように電話回線を使って通信をする技術の1つということに。
では実際にどんなところで使われているのか、そちらも確認してみましょう。

VDSLは集合住宅内の光回線分配に使われている

VDSLではADSLよりも広い周波数帯を使えるために高速で通信ができる、という特徴を
持っています。

ただしADSLよりも適正距離が短く、1.5km程度までが通信の限度と言われています。
それ以上の距離になるとADSLのほうが安定して通信速度も速くなるとか。

そのために短距離感での通信に特化して使われるようになりました。
現状では光回線を集合住宅内部で分配するために使われています。

以前は一部地域で普通にADSLと同じように使われていたのですが・・・
全国的には広まってはいないようです。

現状では上記の他にもホテル客室で使えるインターネット回線としても利用されていて
短距離での使い方がメインとなっているようです。

通信速度の単位、bpsとボーの違いに注意

アナログ回線を使った通信速度、というと以前パソコン通信で使われていた「ボー」
という単位を思い浮かべる人もいるかと。

現在は先ほどのように下り100Mbpsなど「bps」という単位が使われます。
これは「Bits Par Second」の頭文字で、1秒間の転送量を表しています。

注意点としては「Byte」ではなく「Bit」なので、いつも使っている数値とは変わります。
ちなみに100Mbitは12.5MBということです。

そして「ボー」というのは通信速度の単位ではなく、変調の回数を表しています。
搬送波は1秒間に何度か変調、つまり波形を変えるのです。

それが1秒間に何回起きるのか、を表しているのが「ボー」です。
更に変調レートによって通信速度が変わってくるのです。

一時期は転送レートのことを「ボー・レート」と呼んでいたことが混乱の原因と
考えられているのですが・・・

かなり難しい計算でボーとbpsの関係を説明することも出来るのですが。
理解が難しいので今回はパスします。

とりあえずボーとbpsは別物、と覚えておきましょう。

集合住宅では3種類の回線分配方式が使われている

現状ではVDSLを使っているのは基本的に集合住宅での光回線分配のための回線として
利用されているのが多い、ということでした。

ただし全ての集合住宅でVDSLが使われているわけでもなく、他にも光回線を分配する
回線の方式があるのです。

基本的に現在使われているのは3種類の分配方式です。
光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式の3つです。

それぞれの分配方式についても、ちょっと説明をしておきましょう。

VDSL方式とは違った光回線の分配方式では、どんな方法で分配をしているのか。
それぞれの方式の特徴も合わせて確認をしてみます。

VDSL方式

まずはVDSL方式ですが、先ほどから説明しているように電話回線を使った通信方式で
集合住宅に設置されている電話回線を使って光回線を分配しています。

VDSL方式のメリットは、もともと設置されている電話回線を使っているので
回線設置コストが掛からないこと。

アパートやマンションで電話回線が設置されていない、ということはまず考えられません。
光回線は配線板が集中している共用部分に引き込みをします。

MDF室などに引き込まれた光回線は電話回線を使って、契約している各部屋まで繋がり
そちらパソコンなどに接続されます。

VDSL方式の場合は光回線ですが途中で電話回線を使っています。
つまりアナログ信号にするためのモデム、VDSLモデムを契約者の部屋に設置します。

それに電話と併用できるように、部屋のモジュラージャックを分岐するスプリッター
という機材も設置することになります。

すでに電話回線工事が終わっているので、VDSLモデムの設置は契約者が行います。
そのために派遣工事がない、というのもメリットになるかと。

光配線方式

こちらもVDSL方式と同じように共用部分に光回線を引き込みます。
そこから、こちらの場合は光ファイバーケーブルを使って契約者の部屋までつなぎます。

光回線と同じ光ファイバーケーブルを使うので通信速度の劣化がなく、高速通信が
期待できるという特徴があります。

部屋の中に光コンセントを設置して、そこから光回線終端装置のONUまで接続。
そこからパソコンなどの端末に接続させることになります。

ONUの設置や光コンセントの設置等があるので、光配線方式では室内工事があります。
状況によって変わりますが、基本は立ち会いが必要な室内工事になります。

最近の新築物件では最初から壁に光ファイバーケーブルを設置して、多機能コンセントに
光コンセントも装備している物件が増えてきています。

ただ光コンセントは状況によって後から設置することも可能です。
当然工事費などのコストがかかるのですが、通信速度には魅力があります。

LAN配線方式

先ほどの光配線方式と同じように、共用部分からの配線をLANケーブルで行うのが
LAN配線方式です。

共用部分から契約者の部屋までLANケーブルを使って通信をします。
イメージ的には建物全体で一戸建ての家庭内ネットワークを行っている状態です。

共用部分にONUを設置して、そこからルーターにつなぎます。
ルーターから契約者の部屋までLANケーブルで接続することになります。

契約者は室内のLANコンセントにケーブルを差し込むだけでインターネットへの
接続が出来るようになります。

光回線終端装置は共用部分に設置されているので、契約者の室内にONUは
設置されません。

分配にもLANケーブル、つまりデジタル信号での通信をしているのでモデムなどの
変換器を使う必要もありません。

分配に使うルーターのセキュリティに問題があるのと、LANケーブルは屋外に設置が
出来ないために建物に最初から設置しておく必要があるというのがデメリットです。

現状ではLAN配線方式の集合住宅はほとんど見かけない、という状況です。

以前はVDSL方式で、最近は光配線方式が多い

VDSL方式の魅力は、建てた時に配線した電話回線を使えること。
集合住宅の管理会社や大家から見ると、コストをかけずにインターネット導入が出来ます。

ただし最高速度が下り100Mbpsなので通信速度に不満を持つ人も出る可能性がある。
対して光配線方式では通信速度の劣化はほぼ考えられないという状態です。

インターネット接続回線に使っている光ファイバーケーブルを建物内でも使うので
通信速度が遅くなる、という状態は考えられません。

でも集合住宅なので、一度に多くのユーザーが同時にネット接続をすれば混雑して
通信速度が遅くなるという状態は考えられるのですが。

後から光ファイバーケーブルの設置をすることも出来るのですが、当然工事費がかかり
コストがかかるというデメリットが。

現状ではインターネット回線サービスを使わない、という人が少なくなっているので
最初から光配線方式で建設している集合住宅も増えています。

以前は集合住宅といえばVDSL方式だったのですが、最近ではかなり光配線方式も
増えてきています。

ただLAN配線方式は基本的にあとから付けることが出来ず、光配線方式と比べて
建築時に選ぶメリットがありません。

ほぼLAN配線方式を見かけることがないので、基本的にはVDSL方式か
光配線方式だと思って構わないかと。

VDSL方式が100Mbpsなのは回線がパンクしないため

VDSL方式が遅い、と言われる原因はやはり最高速度が下り100Mbpsだから
という予想ができます。

ではなぜVDSL方式では下り速度が100Mbpsになっているのでしょうか。
元々がそんな規格だから、という理由もあるのですが・・・

大きな理由の1つには回線に負担をかけないため、と言われています。
元々電話回線として使うメタル回線に負担をかけないためです。

VDSL方式では集合住宅内部に配線されている電話回線を使います。
当然こちらには音声データを通信するためのメタル回線が利用されています。

そのメタル回線を使ってインターネット接続をしているのですが、ネット接続で
音声データ通信に支障をきたしてはいけないのです。

つまり音声データ通信、つまり通話がちゃんと出来るようにデータ通信容量を
少なくする必要があります。

そこでデータ通信速度は最速100Mbpsまでと決めた、というのがVDSL方式の
通信速度が最速100Mbpsになった理由と言われています。

メタル回線とは光回線ではない、という意味も含んでいる

私もよく使っているのですが、電話回線などで使っているツイストペアケーブルのことを
メタル回線と呼ぶ人も多いです。

一応メタル回線というのは、確かに電話回線で使っている銅線を使った通信ケーブルを
指している言葉です。

人によってはメタルケーブル、メタリックケーブルという方もいますが。
金属線という意味の他にもう1つ、光ファイバーケーブルではないという意味も。

光回線は通信に専用の光ファイバーケーブルを使っている、というのが大きな特徴で
この光ファイバーケーブルではない回線のことをメタル回線という場合も。

最近ではかなり多くの通信ケーブルが光ファイバーケーブルになっています。
すでに電話回線もメタル回線ではない地域も増えているのです。

そのためにADSLを申し込むことが出来ない、申し込むためにはメタル回線を
設置するための地下ケーブル管に隙間がなければ使えないという地域もあります。

ただすでにADSLはサービス終了が決定しているので、新規加入申し込みはすでに
どこの企業でも受付をしていません。

VDSL方式も近年余り見ることがなくなる、という可能性もあるのでしょうか。

集合住宅でVDSL方式を選ぶのは理由がある

大きなマンションなら光回線への加入希望者も多くなるので、光配線方式を選んだほうが
ユーザーの不満が少なくなるという印象はあります。

実際にVDSL方式にして遅い、と苦情を言われるよりもコストをかけてでも光配線方式で
速い通信速度にしたほうがメリットは大きそうです。

でも集合住宅で光配線方式を選ばない、VDSL方式でのサービスを提供するのは
理由があるということが多いのです。

全ての集合住宅で、簡単に光回線の導入が出来るというわけじゃないのはわかるかと。
その理由についてもちょっと確認してみましょう。

光ファイバーケーブルの設置ができない構造だった

建物の構造上、光ファイバーケーブルの設置が出来ない場合、VDSL方式での光回線の
サービスを提供することになります。

光ファイバーケーブルは名前のとおりにケーブルの中心に光ファイバーを使っていて
かなり繊細なケーブルとなっています。

元々光ファイバーケーブルは折れ曲がることに弱く、急激に曲げてしまうと中で
断線してしまうのです。

建物の構造上、どうしても光ファイバーケーブルが設置できない、設置しても破損の
可能性が高いという場合にはコスト面を考えても難しいところです。

その場合はVDSL方式でのサービス提供になるしかない、という状況です。
多くの場合、これが原因と考えられます。

LANケーブルと違って、建築後に後付で設置できる光配線方式を選ばない理由としては
かなり納得ができるものだと。

VDSL方式のほうがコストは安いから

もう1つの理由がコストの問題です。
光配線方式を新しく利用する場合に、回線設置工事費用がかかります。

集合住宅全戸で導入する場合、その負担はかなり大きなものになります。
管理会社や大家さんがそれを軽く出費できる、という状況は考えにくいです。

しかもVDSL方式ならすでに設置されている電話回線を使うので、基本的に
余計なコストをかけずにインターネットの導入ができます。

ただ現状としてインターネット回線は、特に賃貸住宅の場合には入居希望者が
選ぶときの理由になるほど多くの方が気にしています。

そのインターネットの通信速度が遅い、と評判のVDSL方式をわざわざ選ぶ
というのはあまり考えにくいのも事実です。

基本的にはこちらの理由でVDSL方式を選んでいる、というところは少ないかと。

VDSL方式のメリットは管理会社にしか無い

VDSL方式のメリットについて考えてみると、すでにある回線を使ってインターネットを
導入できることが考えられます。

使うのはVDSLモデムでONUではないので派遣工事も必要ない。
ただこれらのメリットは基本的に業者や管理会社、大家にしかありません。

ユーザーとしては通信速度が100Mbpsになる、月額料金は光配線方式と同じ
ノイズに弱いので周囲の環境によっては更に通信速度が下がるなど。

基本的にデメリットと言えるようなことがほとんどです。
一応自宅内での工事がないので開通までの時間が早いというメリットもありますが。

基本的にはユーザーがメリットに感じることがない、という印象です。
これではVDSL方式が嫌われてしまうのも、何となくわかる気がします。

自宅の分配方式がVDSL方式なのかを判断する方法

では自分の住んでいるマンションがどんな方式で光回線を分配しているのか。
または引っ越しをする場合に建物がどの方式を選んでいるのか。

これを判断する方法はあるのでしょうか?
あるとするなら、引っ越しの時にはかなり便利になるかと。

普通は不動産業者が確認してくれるので、内見のときなどに質問すれば
わかるはずです。

最近ではインターネット関係の設備は、新規入居者を集めるためにもかなり重要
という認識が不動産業者にも多くあるようです。

それに、すでに契約している場合でも契約書などにインターネット回線についての
内容も記載されているはずです。

でも不動産業者や管理会社、大家さんに手間を取らせたくないというなら
自分で判断する方法を知っておくのもおすすめです。

室内に設置されているのがVDSLモデム

インターネットを使うために、室内に設置されている回線終端装置を確認します。
これがVDSLモデムなら、当然ですがVDSL方式での分配ということです。

これはすでに集合住宅に住んでいて、しかも光回線の契約もしている方の確認方法です。

VDSLモデムの判断方法は、単純なものでは装置の側面か裏側を見ること。
どこかに商品名があるので、VDSLモデムと書かれているはずです。

ちなみにONUの場合は商品名の中に「ONU」という文字があります。
そしてほとんどありませんがLAN配線方式なら室内に回線終端装置がありません。

室内に設置されている機材の商品名を確認してみましょう。
設置されている機材がWiFiルーターしかなければLAN配線方式です。

配線は光コンセントか、モジュラージャックか

古くて室内の機材の商品名などのシールが無くなっている場合、その機材に
つながっているケーブルのでているところを確認します。

パソコンやWiFiルーターとは違う、インターネット回線に接続するためのケーブルが
どこからでているのかを確認してみましょう。

光コンセントからケーブルがでていれば光配線方式です。
電話回線から分岐してモジュラージャックからでていればVDSL方式です。

先ほどから説明している通り、VDSL方式では電話回線を使って通信をしています。
当然インターネット回線接続も電話回線、モジュラージャックを通っています。

すでに光回線の契約をしている場合の判断方法はこんな感じです。

光コンセントを探してみる

入居希望の部屋がVDSL方式かを判断するなら、光コンセントを探してみましょう。
最初から光ケーブルが配線されていれば、多機能コンセントに光コンセントがあります。

カバー付きの差込口で「光」と書かれていれば、それが光コンセントです。
これがついていれば光配線方式で間違いありません。

後付の光配線方式では光コンセントが外壁から引き込まれていることが多いです。
穴を開けることを嫌がる大家さんも多いので、エアコンダクトなどの付近を探してみます。

すでに穴が開いているところから引き込みをすれば、新しく外壁に傷をつけることもなく
光コンセントの設置が出来ます。

同じようにLANコンセントも探してみます。
こちらもやはり多機能コンセントに装備されていることが多いです。

LANコンセントがあればLAN配線方式になります。
これらがない場合はVDSL方式の可能性は高いです。

モジュラージャックにスプリッターという分配器が付いていたら間違いなくVDSL方式の
光回線サービスになります。

VDSL方式を光配線方式にすることは難しい

現在すでに住んでいる集合住宅がVDSL方式なので、これを光配線方式に変更することは
出来るのか。

はっきり言ってしまえばかなり難しいです。
基本的に先ほどの理由、光配線方式が使えないという可能性が高いのです。

もしVDSL方式の方が安いから、という理由の場合は光配線方式に変更できる
可能性はあるのですが・・・

まず管理会社や大家さんに交渉して光配線方式への変更を検討してもらいます。
回線業者などから見積もりをもらうということも必要になるかと。

その後、工事費用はどうするのかなどの相談をします。
集合住宅によっては理事会などの承認も必要になります。

ここまでやっても実際に光配線方式の工事をする、と判断してくれることは少ないです。
かなりのメリットがないと、光回線の工事をする理由がないのです。

建物全体の工事を希望する、というのはかなり難しいです。
賃貸住宅の場合は特に、契約が終われば退去する人の意見を通すのは難しいかと。

集合住宅でも一戸建てプランの契約が出来る

1つ裏技的な方法として、集合住宅で一戸建てプランの契約をするという方法も。
こちらの場合、建物の分配方式はそのままで契約者だけ光回線をそのまま使います。

一戸建てプランと同じ契約をするので、集合住宅でも部屋に直接光回線を引き込んで
室内にONUを設置します。

他の部屋に分配をしないのでVDSL方式を使って通信速度が落ちることもありません。
通信速度は光回線のまま下り最速1Gbpsということになります。

代表的な一戸建ての契約プランを確認してみると
・ フレッツ光ネクスト 月額5,400円+プロバイダ料金
・ ドコモ光 1ギガタイプA 月額5,200円
・ ソフトバンク光 ファミリー・ギガスピード 月額5,200円
・ auひかりホーム1ギガ 月額5,100円

これらのプランを集合住宅で契約すればVDSL方式の建物でも光回線での通信が出来る
ということになります。

ちなみに上記の一戸建てプランはドコモ光とソフトバンク光が光コラボというサービスで
プロバイダと料金一体型になっています。

フレッツ光では別途プロバイダ料金が必要で、auひかりは光コラボではないのですが
基本的にプロバイダ料金が含まれた金額になっています。

集合住宅で一戸建てプランの契約は現実的ではない

一応紹介をしていますが、集合住宅で一戸建てプランを契約する方法も実際には
あまり現実的ではありません。

契約をするためにはやはり管理会社や大家さんの許可が必要になります。
また回線引き込みをする関係上、高層階での契約は物理的に無理です。

直接回線引き込みをするために、金具などを外壁に取り付ければ傷が付きます。
賃貸の場合は退去時に原状回復のために料金が発生する可能性も。

当然外壁に傷がつくことを嫌う大家さんや管理会社なら許可を出してくれません。
外観が気になるという場合にも許可が出るのは難しいです。

そもそもインターネット回線がすでに設置されている部屋に、別のインターネット回線を
設置するという状況を嫌う人も多いようです。

許可を取るのが難しい状況も多いので、一戸建てプランを契約するというのも実際には
あまりいい方法とは言えないのです。

VDSL方式の通信速度はそれほど遅くないという場合も

自分の住居がVDSL方式だった場合、やはり素直にそのまま使うという方法が一番いい
ということなのですが・・・

では遅いと言う評判のVDSL方式ですが、本当に通信速度が遅いのでしょうか。

一般的にインターネットを快適に使うために必要な通信速度とはどれくらいなのか。
使い方によっても変わってくるのですが、大体下り10Mbpsあれば十分と言われています。

例えばインターネットサーフィンをするくらい、最近ではサイト上でも高画質の写真や
動画などを配信しているのでちょっと重たくなっています。

それでも下り5Mbpsあればまずほとんどのサイトが快適に見られるかと。
それに動画配信をよく見ている、という場合にもそれほどの通信速度が必要ないのです。

かなりの高画質動画を見るなら下り20Mbpsくらいは必要になります。
でも普通画質の配信動画、Youtubeの動画くらいなら5Mbpsあれば十分です。

高画質にしても下り10Mbpsあれば快適に見ることが出来ます。
普通に使うならこれくらいで十分なのです。

そしてVDSL方式でも下り最速100Mbpsなので、普通にインターネットを使うには
十分な通信速度が期待できる事になります。

VDSL方式のままで更に通信速度が上がる技術開発もされている

そしてVDSLの通信規格としても進化、というか新しい技術が開発されています。
現状のVDSL方式のままで、もっと高速通信が出来るようになるのです。

それがG.fastという技術で、既存の電話回線を使ったままVDSL方式の通信速度を
下り最速1Gbpsまで引き上げることが出来ます。

更にXG-FASTという技術ではG.fastよりも速い下り最速10Gbpsまで通信速度を
上げることが出来るようになります。

すでに一部のサービス、auひかりのマンションタイプでは導入も始まっていて
実際に利用することが出来る、という状態でもあります。

魅力としては現状の電話回線、VDSL方式のままで通信速度の向上が見込める
というところです。

ただし導入するにはかなりハードルが高い、という現状もあるようで。
問題点も残っています。

コストの関係でG.fastの導入がなかなか難しい

すでに導入しているところもあるG.fastですが、使うためにはMDF室に設置する親機と
各家庭に設置する子機の両方を取り替える必要があります。

G.fastの高速通信をするためには親機の導入が必須で、それを利用するためには子機も
対応したものにする必要があるのです。

そして親機を導入する、つまり購入するのに45万円が必要です。
子機も35,000円とそれなりに高額なVDSLモデムとなります。

これを通信業者だけで導入しようとすると、かなりのコストがかかります。
当然集合住宅側で導入するというのはかなり厳しいところです。

特に賃貸の場合は入居者の入れ替わりがあるため、契約希望者が変動するので導入の
タイミングが難しいというところも。

確かに魅力的な技術なのですが、現状では導入の壁が高いという印象です。

VDSL方式のままで通信速度を上げる方法を考える

色々な改善策はあるのですが、かなり難しいという状況のものが多いです。
そこで、今のままのVDSL方式の通信を改善する方法も考えてみましょう。

同じ回線を複数の契約者で使っているので、混雑している時には通信速度を上げる
というのはたしかに厳しいです。

それでも少しずつでも改善する方法を実行してみれば、ある程度快適にインターネットが
使えるようになる可能性はあります。

そこでVDSL方式のままの通信の速度を改善するための方法を考えてみました。
1つだけでは効果が低いことも、重ねてみればかなりの効果になる場合もあります。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスに加入する

とりあえず一番効果的と思われるのは、プロバイダの混雑が解消できる新しい通信方式の
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを使うことです。

例えばv6プラスなどのサービスでは従来とは違った通信方式でインターネットへの
接続をするのでプロバイダの混雑に関係なく通信が出来ます。

そのために通信速度の大きな改善、高速化が期待できると注目されています。
これをVDSL方式でも使うことが出来ます。

一戸建てプランの場合、下り最速400Mbpsを超える通信速度が出るようになった
という報告もあるほど通信速度に関しては期待が出来ます。

VDSL方式の場合は下り最速100Mbpsという制限は変わりませんが、口コミでは
下り80Mbpsを超える通信速度が出るようになったという意見もありました。

普通にインターネットを使う分には十分で、ここまで通信速度があれば
オンラインゲームで多人数同時プレイのFPSをプレイしても問題ないレベルです。

現状の光回線プランではこちらのサービスを使えない、という場合には光回線自体の
乗り換えも考える必要がありますが・・・

ほぼコストをかけずに通信速度の改善が期待できる方法としてかなりおすすめです。

WiFiルーターを交換する

先ほどのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスの重なるのですが、古いタイプの
WiFiルーターでは通信速度をちょっとだけ遅くしてしまうこともあります。

それにIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを使うためには対応した
WiFiルーターを使う事が必要です。

そこで新しいWiFiルーターに交換する、というのもおすすめできる方法です。
単純にルーター交換だけで下り10Mbps程度の違いが出ることもあります。

確実な方法とはいいにくいのですが、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスを
使うなら対応WiFiルーターは必須です。

このタイミングで買い換える、というのもいいのでは?

モジュラージャック付近で電化製品を使わない

VDSL方式の通信では電話回線が外部から干渉されると通信ノイズが入って、速度が
遅くなるという状況が多いです。

そもそも電話回線では外部からの干渉に強く出来ていないので、光回線のように
完全なケーブルのシーリングなどはされていません。

つまり家電などの駆動ノイズが通信速度に影響を与えることも考えられます。
これを防ぐために、モジュラージャックの近くでは使わないという方法がおすすめ。

特に電子レンジや冷蔵庫はかなり影響を与えるので、モジュラージャックのそばに
これらの家電があるならちょっと移動をしておきましょう。

光回線を諦めて別の回線サービスを使う

どんな方法でも、同じ建物内の住人がかなりヘビーなインターネットの使い方をすれば
他の部屋の通信速度はかなり影響を受けることになります。

それを改善する方法がない、というならいっそ別の回線サービスを契約するのも
一つの方法かと。

光回線が安定して高速通信が出来る、と言っても状況によっては下り1Mbpsという
ADSL並みの通信速度になることもあります。

VDSL方式に限らず、これが改善できないなら別の回線サービスを契約して
光回線を諦めるというのもありかと。

例えばモバイルルーターなら室内、外出先と場所を選ばずにインターネット接続できます。
あまりヘビーユーザーではないなら、通信容量が少ないプランでも大丈夫かと。

それにモバイルルーターならスマホのデータ定額パックの節約も出来ます。
最近では通信速度が下り150Mbps程度の完全無制限プランも多くあります。

今までVDSL方式を使っていたなら下り150Mbpsあればかなり快適に感じるかと。
しかも無制限なら今まで通りに使っても問題は無いのでおすすめです。

VDSLの通信速度は周囲の状況によって大きく変わる

一般的にはVDSL方式の通信速度は遅い、と言われていますが実際には使い方や
周囲の状況によって大きく変わってきます。

確かに遅いという方もいるのですが、普通にインターネットをするには十分な
通信速度がでているという人もいます。

そしてVDSL方式でも通信速度を改善させるための方法が、現状色々とあります。
それを使うことで快適にインターネットができる可能性は高いです。

自分の住居がVDSL方式だからと諦めずに、改善できる場合は通信速度が変わる方法を
試してみることをおすすめします。

ただし状況によってはどうにもならないので、その時には別のサービスを使うという
方法も利用すると快適になるかと。