VDSLモデムのLINEランプ点滅している原因と自分でできる対処法

ドコモ光などの光コラボに加入した場合でも、通信のために利用する機材は
NTTからレンタルされる場合も多いです。

そしてレンタルされた機材が正常に動いていない、ランプが以上を示している時には
どうやって対処すればいいのでしょうか。

例えばマンションでVDSLモデムを使っている場合どうやって回復させるのかを
考えてみましょう。

VDSLランプが点滅してインターネット接続が出来なくなったときの回復手順

ネット接続が出来なと困るので、VDSLモデムのVDSLランプが点滅している状態で
インターネット接続が出来なくなっているときの回復方法を確認してみましょう。

とりあえず自分でできることを順番に確認していって、それぞれの連絡先に状況を
確認してもらうという手順になります。

先に自分でできることをやっておくのは、単純な原因だった場合は当然復旧できるし
後で連絡するときにも余計な時間をかけずに話ができるメリットも。

ではどんな事をすればいいのか。
確認の手順を調べてみましょう。

VDSLモデムの電源を切る、リセットする

まずはVDSLモデムのリセットをします。
本体にリセットボタンがあればそれを押してみましょう。

また本体に電源ボタンがあれば、それを押して電源を切ります。
どちらでも同じような効果が期待できます。

本体に電源ボタンがない場合は、直接電源ケーブルを抜きます。
ACアダプタを使う事が多いので、それを本体から抜いても電源を切れます。

できれば1分くらい放置して、内部基盤のコンデンサの電気も抜くようしましょう。
その後再起動してインターネット接続ができればOK、出来なければ次の手順です。

モジュラーケーブルの確認、交換

壁のモジュラージャックとVDSLモデムをつないでいるモジュラーケーブルを
確認してみます。

ちゃんと接続されているか、接続されているなら断線している可能性も考えて
モジュラーケーブルを交換してみます。

この時にはパソコンなどを接続していない、またはパソコンの電源を切っておく
ということをおすすめします。

でもVDSLモデムの電源は入れたままで大丈夫です。
モジュラーケーブルの断線なら交換後すぐにVDSLランプが点灯するはずです。

ケーブル交換でも接続ができないなら次の手順に移ります。

光回線の契約をしている会社に連絡

自宅内で出来ることは終わったので、これで復旧しない場合には自宅以外の故障が
考えられます。

そこで光回線の契約をしているところに、現在の不具合の状況を連絡しましょう。
この時にフレッツ光と光コラボでは連絡先が違います。

フレッツ光で契約をしているなら連絡するのはNTTです。
地域によってNTT東日本、NTT西日本どちらかと契約をしているはずです。

光コラボの場合は使っている回線はフレッツ光なのですが、サポートは光コラボ業者が
行うことになっています。

つまりNTT回線を使っていても光コラボ業者に連絡をします。
多分その後NTTから連絡が来ることになるかと。

それ以外の回線はそれぞれ契約している業者、他の光回線業者やケーブルテレビ業者に
連絡をしましょう。

共用部分の修理が必要なら管理会社に連絡

光回線業者に連絡すると、普通はモデムの電源を切るなどのアナウンスがされます。
すでにそれらを試していることを話しておくと、意外とスムーズに話が進みます。

サポートセンターなどで、マンションなどの共有施設の故障が疑われる場合には
修理のために管理会社や管理人への連絡が必要になります。

共用部分の故障なら、すでに他の住人が連絡している可能性も高いのですが・・・
一応管理会社などに連絡をしておきましょう。

そして場合によっては共用部分の修理でも、光回線業者に連絡をした個人に
修理の請求が行くことになります。

その時のことも含めて管理会社や管理人と相談することも必要です。

回線業者の通信障害なら復旧時間の予定を確認

回線業者に連絡をした時に、回線業者の設備の故障などで通信障害が起きているなら
そこでアナウンスがされるはずです。

この場合はこちらで出来ることは無いので、素直に復旧が早く終わるように祈りましょう。
ただ公式発表などで通信障害の復旧予定時間などを確認しておきましょう。

スマホやモバイルルーターなど、別の回線を持っていないならどこかのフリーWi-Fiを
使うなどちょっとした手間がかかりますが。

通信障害のことを考えるなら、普段から複数の回線を使うようにすると安心です。

NTTの連絡先はこちら

例えばドコモ光の契約をしているなら、取り合わせはドコモ光にすることになります。
その場合の連絡先は0120-800-000です。

こちらはドコモ光の故障に対するサポートダイヤルになります。
でもフレッツ光で契約している場合はこちらではありません。

NTT東日本で契約しているなら0120-444-113です。
NTT西日本で契約しているなら0120-248995です。

それぞれが故障対応の窓口になっています。
こちらに連絡をして対応をしてもらいましょう。

VDSLモデムの全面ランプで状態を把握する

VDSLモデムに異常がある場合、インターネットへの接続ができなくなるので
何かがおかしいというのはすぐに分かります。

でもそのおかしい状態の原因はすぐに分かるわけではありません。
そこでVDSLモデムの全面ランプの状態を見て確認をします。

基本的にはVDSLモデムのランプは緑に点灯していると正常、ランプによっては
点滅状態が正常という場合もありますが。

これらのランプの状態を見て、何が原因でインターネットへの接続ができないのか
判断することができるのです。

例えばACTランプが点滅している状態は、単純にインターネット通信をして
データの受信をしている状態なので正常です。

でもVDSLランプが点滅している、という状態は基本的にあまりありません。
電源を入れてすぐのときの回線トレーニング中という場合もあるのですが・・・

回線が未接続になっている状態でVDSLランプが点滅します。
つまりインターネットへの接続ができていない、ということになります。

VDSLやLINEランプ、FAILやアラームランプの点灯に注意

現在使われているひかり電話と併用するためのVDSLモデムではランプに
VDSLという名称がついています。

でも以前のタイプではこのVDSLが「LINE」という名称でした。
ランプの意味自体はVDSL回線の接続状況のことです。

モデムを再起動したわけでもないのに、このVDSLランプが点滅している場合は
回線の接続ができていない状態ということです。

また現在のモデムにはモデム本体の異常を表示するアラームランプがあります。
こちらが赤く点灯している場合は装置障害の状態です。

それにFAILランプも本体に異常がある場合に点灯します。
これらのランプが赤く点灯している場合はモデム本体の故障を疑いましょう。

ただ初期状態ランプが橙点灯していて、アラームランプが赤点灯している場合は
本体ファームウェアのアップデートが行われています。

本体の電源を抜かずに、そのままちょっと放置しておいてみましょう。
アップデートが終われば正常に動くはずです。

本体リセット、電源の入れ直しをしても戻らないなら回線などの異常が考えられる

VDSLモデムも、一応普通のモデムやWi-Fiルーターのように少子が悪くなるときもあり
その復旧方法として電源の入れ直しというのがあります。

リセットボタンが付いている本体ならそれを使って、リセットボタンがない本体なら
電源やACアダプタを本体から抜くという方法を取ります。

1分程度放置してから、再度電源を入れることで本体の不具合が解消されて正常に動く
ということもあります。

軽度の不具合ならこれで十分に復旧できるのですが・・・
これで元通りにならない場合は、本体の故障や回線の異常が考えられます。

VDSLランプが点滅している原因として考えられること

アラームランプやFAILランプが点灯している場合は多分本体になにか異常がある
という状態です。

ではVDSLランプ、LINEランプが点滅している時にはどんな異常が起きているのか。
それを考えてみましょう。

基本的にVDSLランプが点滅しているのは回線がおかしい状態、インターネット通信が
できない状態ということです。

その原因になると思われることを考えてみましょう。

モジュラーケーブルの不具合が原因

単純にVDSLモデムと壁のモジュラージャックをつないでいるモジュラーケーブルの
接続がおかしいということも考えられます。

経年劣化でコネクター部分の爪が壊れてしまうと、ケーブルと本体の接続が甘くなり
抜けやすくなっていることもあります。

気が付かない間にモジュラーケーブルが抜けてしまっている、ということで
VDSLランプが点滅している原因になっている可能性も。

後は単純にモジュラーケーブルが内部で断線していて、ケーブルとして機能していない
ということも。

この場合はケーブルの挿し直しや交換ですぐに症状が改善します。
かなり軽いトラブルということです。

共有部分のVDSL親機本体の故障が原因

自宅の機材や設備ではなく、共用部分にある分配装置本体が故障している場合も
回線接続ができないという状況です。

共有部分と言ってもマンションの住人が普通に出入りできるところに回線の
分配装置があることは少ないです。

また大きなマンションだと階層ごとに分配装置が付いていて、そのボックスには
鍵がかかっています。

ここが故障している場合、基本的に個人では何も出来ません。
管理人や管理会社などに連絡をする必要があります。

ただし連絡をするのは、共用部分の装置の故障がインターネット接続不能の原因だと
ある程度の予想ができてからです。

フレッツ光の通信障害など光回線設備が原因

インターネット接続が出来ないのは光回線自体が機能していないことも考えられます。
つまりNTTなど光回線業者の通信障害という可能性も。

今までも大手プロバイダの設備の切り替えの失敗による接続障害や、大手キャリアの
ソフトバンクの前回線の接続障害など大きな通信障害はありました。

光回線の設備の不具合で通信ができなくなる、ということも考えられます。
この場合はやはりインターネットへの接続はできなくなります。

また光回線の設備メンテナンスなどで事前に通信できなくなるのがわかっているなら
通知があるはずです。

メールや手紙などの確認をして、通信障害の確認もしましょう。

NTTの企業情報から通信障害の確認が出来る

一応ですが、NTTの公式サイトの企業情報から通信障害に関する情報を確認する
ということが出来ます。

ただこれがスマホに対応していないのでちょっと使いにくいんですよねえ・・・
パソコンはネットが使えいな状態では公式サイトにも接続できませんし。

それから有志が行っている通信障害の情報を集めているサイトも利用できます。
ダウンディテクターというサイトを使うと通信障害の状況を知ることが出来ます。

ただしこちらは有志が行っているサイトなので、NTTに直接確認ができないのです。
あくまでも多くの方の情報を見ることが出来るだけです。

突然の通信障害ならNTTから公式に発表があるはずです。
それを確認することも忘れずに行いましょう。

マンションなど集合住宅では一つの回線を契約戸数で分配する

補足情報としてVDSLモデムが使われる状況の確認もしておきましょう。
まずは集合住宅の回線分配方法について。

光回線などブロードバンド回線は基本的に一つの建物に1回線が設置されます。
つまり集合住宅の場合でも各部屋に回線設置をされることは基本的にありません。

建物の共有部分にインターネット回線を引き込んで、それを各部屋まで分配して
それぞれの過程でインターネットへの接続をすることになります。

そのインターネット回線の分配方式の1つがVDSL方式で、その時に使う
インターネットモデムのことをVDSLモデムといいます。

フレッツ光の場合はこのVDSLモデムをNTTからレンタルすることになります。

ちなみに集合住宅の分配方式はVDSLの他にも種類があります。
それもちょっと確認しておきましょう。

光配線方式では各部屋まで光回線が配置されている

光配線方式とは、共有部分に引き込んだ光回線を各部屋まで分配するために
光回線を使っています。

新しいマンションなどでは壁に光ケーブルを配置して、室内に光コンセントが
すでに設置されているはず。

そちらまでは全て光ファイバーケーブルが配置されているので、室内に
回線終端装置、ONUの設置が必要になります。

光回線をそのまま光ファイバーケーブルで分配するので通信の安定性が高く
通信速度の劣化がほとんどないというメリットがあります。

ただ基本的に全ての部屋に、あらかじめ光回線を設置しておく必要があるので
築年数の古い集合住宅では導入が厳しいという現実があります。

こちらの場合、通常の光回線引き込みとほぼ変わらないのでVDSLモデムなど
使わずにONUの設置が必要になります。

LAN配線方式は共用部分にONUが設置される

LAN配線方式では共用部分に光回線を引き込むのは一緒で、そちらにONUも
設置されています。

ONUを通したLANケーブルを各部屋まで設置してインターネット接続をします。
部屋にはLANコンセントが設置されています。

すでに共用部分でONUによる信号の変換がされているので、室内でLANコンセントに
パソコンなどをつなぐだけでインターネットへの接続が可能です。

ONUなどの室内設置工事が必要なく、とても便利なのですが・・・
やはり建築時にLANケーブルを各部屋に配置しておく必要があるのがデメリットです。

VDSLモデムはVDSL方式の分配をしている場合のみ使う機材

VDSL方式の光回線分配は共用部分に引き込むまでは他の分配方式と一緒です。
分配のために使うのが、既存の電話回線という違いがあります。

多くの集合住宅で建築時に各部屋まで設置されている電話回線を使ってインターネットの
回線分配をしているのがVDSL方式です。

築年数の古い集合住宅でも電話回線なら設置してあるところが多いので、導入がしやすい
というメリットがあります。

ただインターネット回線としてはノイズが入りやすいので通信速度が不安です。
さらに電話回線との併用のためにVDSLモデムを室内に設置する必要があります。

このVDSLモデムのトラブルについて確認をしていきましょう。

VDSLモデムについての補足

今までVDSLモデムの異常について確認をしてきました。
ではVDSLモデムとはなんなのでしょうか。

最初に簡単な説明をしましたが、マンションなど集合住宅での光回線分配方式の中で
VDSL方式を使う場合に各家庭で利用する接続装置のことです。

集合住宅の共有部分に引き込まれた光回線で、インターネット内の情報が電気信号での
通信として届きます。

それを各家庭に届けるためにVDSL方式では電話回線を使っています。
そしてその回線を通ってきた電気信号はそのままではパソコンで読み取れないのです。

そこで各家庭にインターネット回線の電気信号をパソコンで読み取れる変換装置を
設置して接続します。

これがVDSLモデムなのです。
当然パソコンなどのデータもVDSLモデムを通してインターネットに対応させます。

つまり集合住宅の電話回線を使ってインターネット接続するために必要な変換装置が
VDSLモデムということです。

ONUは光回線のデジタル信号をパソコンで読めるようにする装置

では一戸建てで使われているONUとの違いはどこにあるのでしょうか。
そもそもONUとはなんなのでしょうか。

ONUとは光回線終端装置と言われるものです。
その名前のとおりに光回線を自宅に引き込んだ後に接続する機材です。

その働きは、光回線を通るためのデジタル信号をパソコンなどで読めるようにする
変換装置です。

光ファイバーケーブルを通すための電気信号は、そのままの状態ではパソコンで
読み込むことが出来ません。

それを読めるように変換し、パソコンのデータを光ファイバーケーブルで通せるように
デジタル変換するための装置がONUなのです。

つまり基本的にはVDSLモデムと同じで、使うのが光回線と電話回線の違いということ。
マンションでも光配線方式の場合は各部屋でONUを設置するのはそういった意味です。

回線復旧に時間がかかるならモバイルルーターを使うという方法も

VDSLランプが点滅していてインターネット通信が出来ない状況の時、場合によっては
インターネットを使えるまでに時間がかかる可能性もあります。

でも仕事でインターネットを使っているなら、復旧まで待っていることも難しいかと。
そんな状況なら別の回線を利用することがおすすめです。

ノートPCで仕事をしているならWi-Fiでの接続が出来るはずです。
スマホを持っているなら、テザリングでもとりあえずのネット接続は可能です。

常時インターネット接続をせずに、必要なときにだけネットを使うくらいなら
スマホのテザリングでも十分に利用できるかと。

ただ大きなデータのやり取りなどは厳しいので、その場合はモバイルルーターを
契約するという方法もあります。

今後のことも考えて、別のインターネット回線を契約する、というならWiMAX2+など
モバイルルーターを契約するのもいいのですが・・・

単にVDSLモデム復旧の間だけ、というならレンタルルーターもおすすめです。
短期間のレンタルが出来るサービスも多いので、そちらを使えばコストも少ないです。

共有部分の修理には時間がかかることもある

VDSLランプがゆっくりと点滅しているときの対処方法を確認してみました。
単純なトラブルならすぐに復旧できるのですが・・・

故障しているのが共有部分だと、場合によっては復旧までにかなり時間がかかる
という可能性も。

派遣修理になるので早くても半日、普通は2日位かかります。
当然この間はインターネットへの接続ができません。

それにVDSLランプの点滅というトラブルは原因が自分で解決できる以外の
場合もあるので、1人であせってもどうにもなりません。

インターネットの接続ができなくなると、どうしても慌ててしまうのですが
ランプの状態などを確認して、落ち着いて対処しましょう。

VDSLランプが点滅しているときの対応をまとめてみる

モデムの機種によってはVDSLランプ、LINEランプなど色々な名称があります。
基本的にはインターネット接続状況を表すランプです。

これが点滅している時にはインターネット接続ができなくなります。
その対応方法を簡単にまとめておきましょう。

VDSLランプが頻繁に点滅するのは何の意味?

電源を入れた直後はテスト中、それ以外ならインターネット接続が不安定になっている
という状態。

原因として考えられるのは、ケーブルの不調、接触不良、共有部分の故障、通信障害。

VDSLモデムの説明、点滅状態のトレーニング中とは?

一時的に接続が途切れた場合、モデムが接続の回復を試している状態のこと。
モジュラーケーブルの接触不良やケーブルが抜けかかっているとよく起きる。

他にも機材の故障で回線の切断が頻繁に起きるとトレーニング中が頻発する。
できれば交換修理したほうがいい。

VDSLランプが高速で顛末しているのはなぜ?

VDSLでの通信をしている時には高速でVDSLランプが点滅します。
基本的には問題ない状態です。

VDSLモデムのリセットボタンはどこ?

機種によって違いますが、基本的には本体裏側にあります。
またリセットボタンがない、普通に押すことが出来ないという機種もあります。

ドコモ光でVDSLランプが点滅したときの連絡先は?

ドコモ光もフレッツ光回線を使ったサービスですが、サポートは全てドコモ光が
受け持つことになっています。

つまりドコモ光のサポートダイヤルに連絡をすることになります。
たとえVDSLモデムがNTTからのレンタルでもドコモ光に連絡をします。

ACTランプが高速点滅するのは?LINEランプとの違いは?

ACTランプの高速点滅は電話や通信をしている女歌いです。
基本的にLINEランプやVDSLランプと同じ意味です。