ルーターやモデム、ONUにターミナルアダプタの違いって何?

通信回線の契約は様々な種類があり、かなり多くのサービスの中から選んで契約が
できるようになっています。

最近では光回線が一般的になりましたが、それまでもかなり多くのサービスが
提供されていました。

そしてそれぞれの回線サービスにはデータ通信で使うための専用機材があります。
それぞれで使っている機材の違いが何なのか調べてみることにしました。

回線を通すための変換器にはそれぞれの種類がある

基本的に、パソコンなどで使っているデータ、情報などは全て回線を通るときに
変換されて通信されています。

単純にデジタルデータをアナログ回線の通貨をさせるために変換する場合もありますし
使う回線に合わせてデータ変換をする場合もあります。

それぞれの回線で使っている機材は違います。
モデム、ターミナルアダプタ、ONUなどは回線を使うための変換器のことです。

これとは別に、一つの回線を複数の基材で使うための、回線を整理する機材を
ルーターといいます。

つまり先ほどのモデムなどのデータ変換器の中には、複数の基材で使うことが
前提となっているのでルーターの機能を搭載しているものもあります。

このようにそれぞれの機材によって使う状況や役割が違っているのです。

インターネットモデムはモデムではない

モデム、ターミナルアダプタとONUでは利用する状況が違うということが
わかってもらえたかと。

では最近よく目にする「インターネットモデム」というのは何なのでしょうか。

はっきり言ってしまえばインターネットモデムは「モデム」ではありません。
多くの場合はONUか、それと同じ機能を持っている機材を指しています。

ではなぜモデムという名称を使っているのでしょうか。
これは色々な説がありますが、モデムと同じ場所に接続して使うためという意見も。

インターネット接続をするためには、回線契約をしてその回線を自宅に引き込みます。
その回線にモデムなどの変換器を接続してから、パソコンなどに接続します。

そしてモデムはインターネットの前、パソコン通信の時代から使われているものです。

説明として「インターネット接続回線のために使うモデムのようなもの」というのが
わかりやすく使いやすいためと考えられます。

インターネットモデムというのは回線のデータ変換器の総称という意味で使われる
言葉となっています。

接続機材は使うインターネット回線によって違う

ルーターは分配器なので、どの回線を使っていても問題なく使えます。
ただし回線から直接ルーターに接続してもインターネット接続は出来ません。

まずはデータ変換器を接続してからルーターを使う、ということになります。
ではデータ変換器はどれを使うことになるのか。

これは契約したインターネット回線、インターネットに接続するための回線で
使う機材が変わるということは説明しました。

ではどの回線を使うときにどの機材を使うのか。
それぞれの機材と使う回線の種類を詳しく確認してみましょう。

モデムはADSL回線で使う機材

パソコン通信など、電話回線を使った通信のときから使われているのが
モデムです。

日本語では「変調復調装置」と言われるこの機材、簡単に言えばアナログ信号と
デジタル信号を変換するために使われる装置です。

日本の電話回線は以前「メタル回線」が主流でした。
こちらはアナログ信号を通信するための回線です。

でもパソコンなどではデジタル信号が使われています。
その信号の変換器がモデム、というわけです。

ADSL回線は電話回線を使った通信なので、変換器にはモデムを使います。

モデムは市販品を使うことも多い

パソコン通信からADSL回線を使ってインターネットをする人が多かったためか
モデムは市販品を使うことも多かったようです。

パソコン通信の頃には回線業者からの接続機材のレンタルなどはなく、ほとんどが
自分で機材を購入して使っていました。

当然モデムもレンタルではありません。
そのためかADSL回線の業者でもモデムレンタルしている所は少なかったようです。

ターミナルアダプタはISDN回線で使う

ターミナルアダプタはISDN回線で使います。
機能としてはモデムとほとんど同じです。

アナログ信号とデジタル信号の変換をしている機材ということになります。
それに電話と通信機材の分配器という機能もあります。

ISDN回線は2回線を同時に使う事ができるサービスで、電話回線とパソコンなど
インターネットを使う機材を同時に使っても通信速度が落ちないという魅力があります。

その使う端末を分配するためにもターミナルアダプタが必要でした。

ただ初期のターミナルアダプタでは、DSUという機材も同時に使っています。
後期の製品ではターミナルアダプタにDSUが内蔵されている事が多いのですが・・・

実はDSUが正しくはアナログ信号とデジタル信号の変換器なのです。

DSUがなければターミナルアダプタは使えない

ターミナルアダプタには回線終端装置のDSUという装置が必要です。
これをISDN回線に接続してからターミナルアダプタに接続します。

つまり回線の信号変換をしているのはDSUということになります。
ただし後期の商品ではターミナルアダプタはDSU内蔵のものが多いのですが。

ターミナルアダプタは回線業者からレンタルということになるのですが、後期には
DSU内蔵している商品がレンタルされるのでISDNにはターミナルアダプタということに。

DSU内蔵のターミナルアダプタが多いので、ISDNのアナログ信号変換には
ターミナルアダプタが必要という説明でも間違ってはいません。

ONUは光回線で使う機材

モデムとターミナルアダプタは基本的に同じデジタル信号とアナログ信号の変換器
ということでした。

でもONUはちょっと違っていて、光信号とデジタル信号を変換します。
つまり光信号を使って通信する光回線のときに使うのがONUということです。

光回線は専用の光ファイバーケーブルを設置して、それを使って通信します。
この光ファイバーケーブルは光信号を通すことができるケーブルです。

でも光信号はパソコンなどの端末では読むことが出来ません。
そこでデジタル信号に変換することが必要になります。

やっていることはモデムなどと一緒なのですが、光回線の場合はこのONUを使う
ということになります。

集合住宅ではVDSL装置を使う場合も

一戸建て住宅の場合は必ず専用回線を引き込んでインターネットへの接続をします。
では集合住宅ではどうするのか。

光回線、というかブロードバンド回線は基本的に建物1つに1回線です。
つまり光回線を契約している全ての部屋で分配することになります。

集合住宅の回線分配方式には種類があるのですが、建物に光回線を設置しているなら
各部屋にONUを設置することになります。

LAN回線を設置してあるなら回線引き込みをしている共有部分にONUがあるので
各部屋には何も設置する必要がありません。

電話回線を使って分配するVDSL方式の場合、各部屋にはVDSL装置が設置されます。
これは電話回線とデータ通信を分けるための機材というところです。

集合住宅の場合は光回線の分配方式によって設置する機材が変わるので、契約時に
確認をしておきましょう。

ターミナルアダプタとONUは基本的にレンタルする

モデムの場合は持っている人も多かったためか、プロバイダなどでレンタルされる
ということは後半にならない限りありませんでした。

でもターミナルアダプタはISDNのために作られた、電話と通信回線の分配器です。
一般的な機材ではないので基本的に回線業者からレンタルが出来ました。

それはONUも同じで、こちらも光回線にしか使うことがない機材です。
一般的に流通しているものではないので、基本的に回線業者からレンタルします。

特にONUは全てレンタル品なので、流通することはないはずなのですが・・・
たまにですがオークションサイトなどで見かけることがあります。

レンタル品を壊してしまったときに、交換修理の費用を出したくないからと
これらのオークションで購入する人もいるようですが、おすすめはしません。

交換修理代金は10,000円くらいで、購入した場合にも同じような金額が必要です。
しかもそれがちゃんと動くという補償はありません。

レンタル品は型番なども控えられているので、返却のときに別の機材を使っていれば
すぐに分かってしまいます。

返却期日をすぎれば結局違約金という形で同じ金額を支払うことになります。
レンタル品を壊したときは素直に連絡をしましょう。

光回線ではホームゲートウェイを使うこともある

光回線では、光ファイバーケーブルを使った電話サービスも提供しています。
ひかり電話など、通常の電話サービスよりも通話料と基本料金のどちらも安いサービスも。

この光回線を使った電話サービスを使う場合、ISDNのターミナルアダプタと同じような
ホームゲートウェイという機材を使います。

これはONUと分配器が一緒になった機材で、光回線の電話サービスとネット回線を
分配するために必要になります。

ホームゲートウェイの機種によってはWi-Fiルーターの機能を搭載しているものもあり
かなりの多彩な機能を使える、という機材もあります。

ひかり電話などのサービスを使う場合には無料でレンタルできるキャンペーンもあるので
上手に利用しましょう。

ルーターは複数の端末を同時に使うときに混戦しないようにする機材

ではルーターとはどんな事をするための機材なのでしょうか。
先ほどちょっと説明したように、複数の端末で1つの回線を使う時の機材です。

ただしちょっとわかりにくいのですが、回線を分配する装置はスイッチングハブといい
ルーターではないのです。

ルーターは「回線を複数に分配したときに混戦をしないように制御する機材」です。
通信回線の交通整理をするための機材、という印象でしょうか。

そしてルーターはスイッチングハブ、またはWi-Fiのアクセスポイントと同時に使う
ということが前提になります。

アクセスポイントとは電波を使った回線分配装置で、Wi-FiやBluetoothなどの
電波回線を使って複数の端末に接続するための機材です。

でも今のルーターにはこれらの分配装置の機能がついている商品がとても多く
そのためにルーターを分配装置と思ってしまう人が多くなっているのです。

Wi-Fiルーターはルーター+ハブ+アクセスポイントの機材

現在ルーター単体で販売している商品というのはとても少なく、多くのルーターが
アクセスポイントとスイッチングハブの機能も搭載しています。

これがWi-Fiルーターという商品で、電波と有線LANを使って複数の端末を
インターネット接続できるようにする機材です。

つまりWi-FiルーターはルーターにWi-Fi接続のアクセスポイントと有線LANの
スイッチングハブの機能をつけたもの、ということになります。

スマホやタブレットPCを使う人も多くなり、Wi-Fi接続を固定回線でもやりたい
という方にはWi-Fiルーターは必須の機材とも言えます。

でも実際にWi-Fiルーターを使うときにはちょっと注意点もあるのですが。
それを確認してみましょう。

ONUにルーター機能が搭載されているものもある

ホームゲートウェイにはONUの他に多くの機能が搭載されています。
それと同じで、普通にONUとして取り扱われている商品でも多機能な機種もあります。

その中にはONUだけではなくルーター機能も搭載している商品もあります。
これを使う場合、Wi-Fiルーターの接続にはちょっとした注意が必要になります。

ルーターは先ほどの説明で言えば交通整理をするための機材です。
これが2つあるとそれだけ通過するために時間がかかる、ということになります。

二重ルーターと言われる状態で、場合によってはインターネット接続が出来ない
という状況になることも考えられます。

基本的には1つの回線を分配するときにルーターは1つで十分です。
ONUにルーター機能が付いているならスイッチングハブでいいということに。

でもアクセスポイントを単体で購入するのは難しく、Wi-Fiを使うためにはやはり
Wi-Fiルーターを使うことに。

そこでWi-Fiルーターのルーター機能を停止、ブリッジモードなどのルーター機能を
使わない状態にしてONUと接続するのです。

Wi-Fiルーターを接続するときは、回線業者やプロバイダの説明をしっかりと読んで
接続しましょう。

ケーブルテレビ回線の場合は、状況によって変わる

インターネット回線として使えるブロードバンド回線にはもう1つ、ケーブルテレビの
回線も利用することが出来ます。

ただケーブルテレビ回線の場合、提供しているテーブルテレビの会社がどんな回線を
使っているのかによって利用する変換装置が変わります。

普通はケーブルテレビといえば、テレビでも使われている同軸ケーブルを使って
テレビ放送などの映像提供をしています。

その同軸ケーブルを使ってインターネット接続もできる、というのがケーブルテレビの
インターネットサービスです。

ただ最近のケーブルテレビサービスは、同軸ケーブルを使わずに光ファイバーケーブルで
提供している地域も多くなっています。

つまりケーブルテレビでの契約なのですが、光回線と同じ回線を使っている場合も
多くなっているのです。

同軸ケーブルを使っている場合はケーブルテレビモデムを使う

通信に同軸ケーブルを使っている場合、同軸ケーブルではアナログ信号を通すので
そちらに変換できるモデムを使います。

ケーブルテレビモデムと言われる機材で、テレビを見るためのデコーダーとは別に
レンタルができるはずです。

やはり基本的には市販されているものではないので、契約するケーブルテレビの
業者に連絡をして説明を聞きましょう。

ちなみにインターネットの通信速度はケーブルテレビ会社のサービスによって
変わります。

高速通信ができる契約なら月額料金も高い、というADSLと同じような契約を
行っている業者も多いかと。

光回線の場合は2つのONUを設置する

光回線を使ったケーブルテレビの場合、通常のケーブルテレビのデータと
インターネットのデータを分ける必要があります。

そこで屋外、家の外壁などに変換装置を設置します。
これをV-ONUなどの名称で呼んでいます。

V-ONUは光ファイバーケーブルとケーブルテレビの同軸ケーブルに分岐するための
屋外装置です。

ここで光回線とテレビ回線に分岐させて、それぞれのケーブルを室内に引き込みます。
同軸ケーブルは当然テレビ放送などを見るための機材に接続します。

光回線は室内でONUに接続し、そこからWi-Fiルーターやパソコンなどの端末に
接続させることになります。

つまり室内と室外、2つのONUを使うことになります。

ケーブルテレビは地域によって提供するサービスが違うので確認する

ケーブルテレビは地域密着型のサービスで、提供しているのも地域によって
別々の業者ということになります。

それぞれの業者によって、テレビサービスやインターネット接続サービスの提供は
大きく変わってきます。

今回紹介したのはあくまでも一例、ということです。
全国全てのケーブルテレビサービスで提供されているわけではありません。

業者によってサービス内容が大きく変わりますので、自分の地域のケーブルテレビの
提供業者にしっかりと確認をしてください。

それぞれの回線で使う機材は違うがやることは同じ

モデムとターミナルアダプタ、ONUにルーターというそれぞれの機材の違いは
わかってもらえたかと。

基本的にはインターネット接続に使う回線によって使う機材が変わります。
ただ基本的にはデジタル信号を回線用に変換するための機材です。

ホームゲートウェイなど複数の機能を持っている機材もありますが、基本的には
使う回線の種類によって機材が変わるだけです。

それぞれの役割や接続する位置などは変わっていません。
あまり気にする必要はない、と考えます。

それにルーターとハブについてもちょっと説明してみました。
最近ではほぼ同じ意味に使われますが、基本的には別の機材です。

それぞれがどんなものか分かれば、どこにどうやって使うのかもわかりやすく
迷うことはなくなります。

後はわからないことがあれば、回線業者かプロバイダに聞くと詳しく教えてくれるので
そちらに頼ってみるのもおすすめです。