ONUとルーター接続の方法を詳しく知りたい!

一戸建て住宅で光回線を契約した場合、光回線終端装置のONUという機材が自宅に
設置されることになります。

このONUには無線LANルーター、いわゆるWiFiルーターとしての機能がない
というものらしくあとから増設する必要があります。

ではONUとルーター接続の方法はどうすればいいのか。
他に接続できる機材も含めて、ONUと機材の接続方法を確認してみましょう。

ONUとルーターを接続するにはLANケーブルを使う

ONUには色々な機材を接続させることができます。
その方法は、簡単に言えばLANケーブルを使ってつなぎます。

インターネットに接続するのが自分のパソコン1台、という場合にはONUと
パソコンをそのままLANケーブルで接続すればいいのです。

ただこの場合、インターネットからのウイルス侵入などセキュリティの問題もあって
あまりおすすめできる方法ではないのですが。

それにスマホなどを自宅の光回線で使うためには、WiFiルーターが必須です。
これをつなぐのもONUからLANケーブルを使います。

つまりONUと他の機材との接続には基本的にLANケーブルを使う、ということに。
単純ですが、まずはこれを覚えておきましょう。

ONUにはIP電話を接続することができない

光回線を使ったサービスの1つに、IP電話があります。
例えばフレッツ光の場合、ひかり電話というサービスが提供されています。

IP電話とは、通常の電話回線ではなくインターネット回線を使った通話可能な
電話サービスのことです。

光回線以外にもケーブルテレビ回線でも広くサービスが提供されています。
これも光回線などインターネット回線に接続する必要があります。

ただONUにはIP電話機を接続するところがありません。
IP電話サービスを使うためにはホームゲートウェイという機材が必要になります。

ONUとホームゲートウェイを接続する、ということになりますがやはりLANケーブルを
使うことになります。

ただホームゲートウェイにはONU機能が搭載されている商品もあります。
この場合はONUがなく、光回線からそのままホームゲートウェイに接続されます。

IP電話サービスを使う時には、ちょっと状況が変わることも覚えておきましょう。

ONUは光回線終端装置のこと

ではONUとはなんなのでしょうか。
機材的なことを言えば、光回線終端装置ということになります。

簡単に説明すると、光回線が終わるところに設置する機材ということになります。
その機能は光信号とデジタル信号の相互変換装置です。

ちなみにONUは家庭用の機材で、基本的には契約したユーザーの自宅にのみ設置されます。
回線業者の基地局などには別の機材が設置されることになります。

それと集合住宅、マンションやアパートにもONUとは別の機材が設置されます。
ONUとは基本的に一戸建て住宅で光回線の契約をした場合に設置されます。

そしてONUが行っているのは光ファイバーケーブルを通すための光信号を、通常の
パソコンやスマホで読み取ることが出来るデジタル信号に変換することです。

またパソコンなどのデジタル信号を光ファイバーケーブルを通すための光信号に
変換するということも行います。

はっきり言えばONUがなければ光回線を使う事ができない、というわけです。
ただそれ以外にもう1つ、大事な役割を持っています。

ONUには責任分界点の役割もある

ONUにはUNIという端子が付いています。
これは基本的にLANケーブルを接続するためのLAN端子となっているはず。

ただ全てのONUのUNIがLAN端子という訳でもなく、サービスによっては
UNI端子は別の形状になります。

その理由はUNIというのは端子の名前ではなく、User Network Interfaceの頭文字を
使っているからです。

和訳すると「利用者のネットワークの入り口」ということになります。
そしてこの端子に接続している機材からはユーザーの責任になる、という意味なのです。

回線業者はインターネット回線契約をしたユーザーに、安定した回線の提供をする
という義務が発生します。

安定供給がされない場合、責任を持って供給ができるように対処するという事になります。
そのために回線などに不具合があれば回線業者が対応することになります。

ただユーザーが自己責任で接続した機材には回線業者の責任はありません。
この場合はユーザーが自分で対応する必要があります。

その境界線がUNIポート、つまり個々に接続したケーブルから先では回線業者の
責任がなくなりますという境界線なのです。

つまりONUが故障した場合には回線業者が交換修理をしますが、UNIに接続する
LANケーブルが断線した場合はユーザーが自分で交換する事になります。

UNIポートの例外もある

またONUに付いているUNIポートから先は、必ずユーザーの責任になるという訳でも
ありません。

当然ですが例外もあります。
先程のホームゲートウェイも例外の1つになるかと。

ONU分離型のホームゲートウェイの場合、ONUのUNIポートに接続して使いますが
ホームゲートウェイ自体ユーザーの機材ではありません。

IP電話サービスを使うために必要な機材なので、UNIポートに接続していても
これが壊れたからと言ってユーザーが用意をする必要はないのです。

また集合住宅にはLAN分配方式を使って光回線を接続するタイプもありますが
こちらの場合、ONUが共有部分にあってユーザーがレンタルすることはありません。

そこから各部屋に分配しているLANケーブルが断線してもユーザーには何もできない
ということなので、ユーザーに負担が来ることは少ないかと。

完全に責任分界点として区別がされている、というわけではないので安心しましょう。

ONUとルーターの接続方法

では実際にONUとルーターを接続する方法を確認していきましょう。
先ほど説明したとおり、接続にはLANケーブルを使います。

ONUは基本的に光ファイバーケーブルを接続するところ、その他にはUNIポートのみ
という機種も多いです。

つまりルーターと接続するにはONUのUNIポートとLANケーブルを接続。
そこからルーターのWANというポートに接続します。

ルーターにはいくつかケーブルの差込口、ポートがあります。
その形状は基本的に同じ形をしているはず。

でも「どこに何を差してもいい」というわけではありません。
ちゃんと決まったところとケーブルで接続しなければ通信ができないのです。

そしてルーターには「WAN」と「LAN」というポートがあります。
機種によってLANは4つくらい付いているということもあります。

ONUとルーターをつなぐのはWANなのですが・・・
ちょっとWANについても説明をしておきましょう。

WANは広いネットワークにつながる入り口

WANというのはWide Area Networkの頭文字を取っています。
つまり広い地域のネットワーク、という意味になります。

基本的には、誰でも自由に接続できる遠く離れた場所のネットワークのことで
インターネットもそんなネットワークの1つです。

これに対してLANはLocal Area Networkの頭文字で、こちらは狭い地域での
ネットワークという意味になります。

企業内で社員同士の使っているパソコンがつながっている、という状態のことを
社内LANというのは有名なところですが。

家庭でパソコンやプリンターなどもつないでいるなら家庭内LANということも。
規模に関係なく、限られた人のみが参加できるネットワークという意味もあります。

ルーターに付いているポートにはこのような意味があります。
ケーブルを差すところを間違えるとインターネットにつながらないので注意しましょう。

パソコンなどの機材を接続するのはLANポート

ルーターとONUをWANポートで接続したら、インターネットにつなぎたい端末を
LANポートに接続します。

パソコンなどを有線LANで接続するのはLANポートということになります。
テレビなどのインターネット対応家電もLANポートで接続、ということに。

基本的には接続に関して、これで完了ということになります。
ただインターネットに接続するにはルーターの設定が必要になりますが。

それとルーターのLANポート以上の端末を有線接続したい、という場合には
LANポートを増やす「スイッチングHUB」という機材を接続する必要があります。

スイッチングHUBは単純にLANポートの数を増やすだけの機材で、ルーター機能が
ありません。

ONUに直接つないでもインターネット接続ができないので注意しましょう。
ただしONUにルーター機能があればスイッチングHUBでいいのですが。

ONUにルーター機能があるのかわからない、という方はルーターを使うことを
おすすめします。

ちなみにこちらがONUとルーターの接続方法の図解です。
自分のパターンに当てはめて確認してみましょう。

https://support.biglobe.ne.jp/settei/setuzoku/wg1200hs/wg1200hs.html

LANケーブルにも種類がある

ONUとルーターを接続するために使うLANケーブルですが、こちらにも種類があり
それによって通信速度がちょっと変わる可能性があります。

LANケーブルにはカテゴリー(CAT)という規格があり、新しくできた規格では
通信速度への対応がちょっと変わっているのです。

新しくなるほど高速通信への対応ができるようになるので、今の光回線の最高速度
下り2Gbpsという通信速度の邪魔をしなくなります。

逆に古い規格のLANケーブルを使っている場合、最高速度が下り1Gbpsにも届かない
という状態です。

これではせっかくの通信速度が発揮されなくなる、ということも考えられます。
できればLANケーブルの規格も確認して使うことがおすすめです。

では実際にLANケーブルの規格と対応速度を確認してみることにしましょう。

コスパがいいのはCAT6くらい

LANケーブルのカテゴリーは基本的にケーブルに印字されています。
ただし古いものだとインクがかすれる、消えてしまっているということも。

それにLANケーブルは自分で購入せずに、ルーターなどに付属しているものを使っている
という方も多いのでは?

確かに付属しているものでも使うことは出来るのですが・・・
性能の良いものが付属されているとは考えにくいです。

それに以前は付属されているのはCAT5という下り最速100Mbpsまで対応という
LANケーブルが多かったのです。

できれば自分でCAT5eくらいのLANケーブルの購入をおすすめします。
これなら下り1Gbpsに対応しているので、通信速度的には問題ないかと。

ただLANケーブルは通信ノイズの影響で速度が遅くなる可能性があります。
それを防ぐことが出来るなら、もっと通信速度が速くなる可能性も。

でもCAT7以上の商品ははっきり言って性能がいいのですが、その分料金が高く
家庭で使うにはかなりの高額だと感じます。

企業のサーバーや研究施設などで使われる、と言われているくらいのケーブルなので
そこまで出す必要はないかな、というのが正直なところ。

私のオススメはCAT6くらいのLANケーブルです。
コスパがよく、性能的にも問題ないのでおすすめしやすいです。

ただしNURO光のような、下り5Gbpsなど更に高速通信が出来るサービスを使うなら
CAT7のLANケーブルをおすすめします。

距離が短いならより線、長いなら単線のLANケーブルがおすすめ

LANケーブルには規格の他にも色々な種類がありますが、もう1つ気を付けるのは
設置する長さによってケーブルの種類を変えるほうがいいと言うことです。

単線は内部のケーブルも1本で作られているので高速通信が出来る反面、1本なので
折れ曲がるなど荷重に弱いという特徴があります。

また1本なので通信ノイズの影響が少なく、長距離でもデータの劣化が少ないので
長距離で使うならおすすめしやすいのです。

より線は複数のケーブルを集めて作られているので曲がりやすく取り回しが簡単ですが
通信ノイズが入った時のデータの劣化も激しくなります。

そのために短距離で使うにはより線の方がおすすめしやすい、ということになります。

ちなみにLANケーブルは長さによっても金額が変わるので、設置場所にあった長さを
購入することが余計なコストをかけないためにおすすめです。

ONUとルーターの違いを確認してみる

今までONUとルーターの接続について確認してきましたが、ONUにルーター機能がある
という場合のことも少し説明しました。

ではONUとルーターの違いとはどこにあるのでしょうか。

まずONUは最初に説明しているように「光回線終端装置」のことです。
光回線を使うために、信号変換をするために使う装置のこと。

これに対してルーターは「複数の端末を混線させずに通信するための機材」です。
インターネットに関して言えば仮想IPアドレスの発行でネット側からの通信もできます。

簡単に言えばルーターはインターネット回線に入るための交通整理をする機材です。
これがないとインターネットの入り口で混線が起きてしまう可能性があるのです。

つまり光ファイバーケーブルを使ってインターネットに接続するためにONUで
デジタル信号を変換します。

その変換した信号を交通整理のように複数の端末の情報が混乱しないように順序よく
整理しているのがルーターです。

最初に説明したとおり、パソコン1台だけでインターネットを使うならONUに
直接LANケーブルを使ってパソコンを接続すればいいだけです。

でも家族や自分の別の端末をインターネットに接続する、というのが一般的な今では
ONUにルーターを接続するのは必須、と言われるほどになっているのです。

ただしONUにルーター機能があれば、別にルーターを接続する必要はありません。
これがWiFiルーターになるとちょっと変わるので、それはまた別に説明します。

ONUとモデムの違いは取り扱う信号の違い

次に同じような回線終端装置のONUとモデムの違いについても確認していきましょう。
ONUとモデムの違いは、変換するデータ信号の違いです。

ONUは光回線終端装置で、デジタル信号を光信号に変換します。
モデムは電話回線を使うための終端装置なので、デジタル信号をアナログ信号にします。

つまり使う回線の種類によって信号を変える必要があるので、その信号変換の機材が
それぞれ違っている、ということになります。

光回線を契約してインターネットにつなぐならONUで、電話回線を使ってつなぐなら
モデムを使うということになります。

ちなみに光回線でも集合住宅がVSDL方式の配線方式を使っている場合は契約した
各部屋にはONUではなくVDSLモデムが設置されます。

これは光回線が共用部分まで引き込まれ、そこから電話回線を使って契約者の部屋まで
配線されるために、アナログ信号に変換するモデムが必要になるからです。

ONUのことを他の機材とまとめて「インターネットモデム」と呼ぶ人もいますが
基本的にそれは間違いです。

モデムはアナログ信号を変換するときのみ使うので、間違えないようにしましょう。

ホームゲートウェイはIP電話とインターネット回線を分けるための機材

もう1つ、ホームゲートウェイについても確認しておきましょう。
こちらはちょっと面倒くさいものではあるのですが・・・

単純にホームゲートウェイはIP電話とインターネット回線を分岐させるための機材です。
ONUからホームゲートウェイに接続、そこから電話機やパソコンなどに接続します。

ホームゲートウェイにはルーター機能が搭載されているのが普通で、別にルーターを
接続する必要はありません。

またホームゲートウェイの機種の中にはONU機能も付いている機種があるので
この場合は光ファイバーケーブルを直接ホームゲートウェイに接続します。

色々な機能がある、一体型の機材がホームゲートウェイなのですが中途半端なものも。
例えばルーター機能があるけど、WiFi機能がないとか。

この場合はWiFi接続するために別途WiFiルーターを接続する必要があります。
しかも接続方法がちょっと面倒くさくなるので、初心者には難しい一面も。

ONUは基本的に業者が設置してくれる

ONUの接地についてはもう1つ、基本的に回線業者が設置するので契約者が自分で
ONUと光ファイバーケーブルをつなぐ、ということはありません。

責任分界点での説明の通り、ONUまでは回線業者の責任です。
つまり設置してインターネット回線への接続ができる、というサービス提供が必要です。

それをユーザーに任せることは基本的にありません。
そしてONU機能付きのホームゲートウェイもこれに含まれます。

後はONUとは別でも一緒にIP電話に加入している場合、ホームゲートウェイも一緒に
持ってきているので業者が設置と接続をしてくれることも。

IP電話サービスを迷っていて、ホームゲートウェイの設置に自信がないというなら
新規加入時に光回線サービスと同時申し込みをしてしまう、という方法がおすすめです。

現在は無線LANルーターが主流

スマホを固定回線に接続するためには有線接続ができないので、無線LANを使う
というのが普通です。

そのために無線LAN機能があるルーター、無線LANルーターが主流になります。
いわゆるWiFiルーターというやつです。

ちなみにWiFiというのは無線LAN規格の1つですが、日本国内では多くの人が
無線LAN=WiFiだと思っているので同じ意味の言葉として使われています。

そして今取り扱われているルーターは基本的に無線LAN機能が付いている商品です。
今では価格も安くなっているので、無線LANルーター購入はおすすめです。

ちなみに無線LANルーターを使うメリットはもう1つ、ONUとパソコンなど端末の
間に1つ機材を入れられることです。

インターネット上では悪意あるプログラム、いわゆるウイルスが存在します。
これを防ぐためにパソコンにも対策ソフトを入れているはずです。

でもウイルス対策ソフトは完全ではありません。
パソコンがウイルス感染してしまうと、データなどの関係でとても大変です。

そこで無線LANルーターなど、ONUの次に機材があればそこでウイルスが
発見される可能性が高くなります。

またウイルス感染が最悪の場合、パソコンに届かずルーターの感染で判明する
ということも。

セキュリティとしてONUから直接端末に接続せずに、無線LANルーターを
間に入れるのは効果的と考えられています。

価格帯ごとのおすすめ無線LANルーター

今では無線LANルーターもかなり安い商品が出回っています。
性能やコスパを考えても、色々な選択肢があるのはいいことかと。

そこで価格帯ごとにおすすめしやすい無線LANルーターを紹介します。
通販サイトのAmazonで購入できるものを選んでみました。

・ IOデータ WN-AX1167GR2

5,000円以下という値段ですが性能的には問題なく、IPv6方式の通信にも対応できる
という使いやすさも魅力です。

・ BUFFALO WSR-2533DHPL-C

色々なショップで人気の無線LANルーターとして選ばれている商品です。
1万円以下の商品としてはかなりの性能で、使いやすいのも魅力的です。

・ NECプラットフォームズ Aterm WG2600HP3

現状の最上位機種で、1万円を超える価格ですがそれに見合った性能があります。
使っている光回線がIPv6対応なら購入を考えてもいいかと。

ちなみにもっと安いエントリーモデルなら3,000円くらいで購入可能です。
今なら無線LANルーターはとても購入しやすいので導入をおすすめします。

ルーター機能があれば無線LANルーターはAPモード/ブリッジモードにする

無線LANルーターには機種によってルーターモードの他にAPモードやブリッジモード
という別のモードがあります。

アクセスポイントモード、RTモードなど商品によって名称に違いはありますが
基本的にはルーターモードとその他、という感じでしょうか。

それぞれの違いは、簡単に言えばルーター機能を使うかどうかです。
ルーターモードは当然無線LANルーターをルーターとして使います。

ONUにルーター機能がない、というなら無線LANルーターはルーターモードにして
複数の端末を同時にインターネットに接続できるようにします。

ただONUやホームゲートウェイにルーター機能があれば、無線LANルーターには
ルーターとしての機能が必要ありません。

そこでAPモードやブリッジモードといった、ルーター機能のないモードにして接続する
ということが必要になります。

ちなみに商品によっては中継機モードもありますが、これは名前の通り中継機として
使うときのモードです。

それにONUにルーター機能があるかわからないときのために「自動モード」など
ルーターが判断してモードを切り替えてくれる商品もあります。

基本的には自動モードで運用するのがおすすめです。

よくある質問をQ&A方式で解説してみる

ONUとルーターに関して、わかりにくいこともでてくるかと。
そこでよくある質問をQ&A方式で解説してみましょう。

無線LANを使うのに月額料金はいる?

無線LANルーターをレンタルすれば月額料金が発生する。
自分で購入したルーターにつなぐなら料金は発生しない。

ただし無線LANルーターを固定回線に接続しているので、固定回線の月額料金を
支払わないと接続できないので注意。

何台もつないでいい?

基本的には何台つないでも大丈夫。
LANポートが足りなければスイッチングHUBで増設できる。

でも同時に接続する端末が増えればインターネット回線の通信速度は遅くなる。

置いて線をつなぐだけでいいの?

無線LANルーターにはインターネット回線の接続設定が必要。
詳しくは無線LANルーターの説明書を読む。

家の無線LANルーターに外出先からつなげばスマホは無料で使える?

家庭用の無線LANルーターの利用可能範囲はルーターから半径10mが限度。
商品や状況によってはそれより狭いので外出先からつなぐのは無理。

無線LANルーターにつなげばスマホの通話も無料?

IP電話サービスは料金が発生する場合も。
LINEなど無料通話アプリなら通話も無料。

無線LANにつないでも3G回線で普通に通話すれば通話料がかかる。
基本的に通話に関してはインターネット接続が関係ない。

無線LANルーターはどんな商品を選べばいい?

目安になるのは使う広さ。
一人暮らしの部屋で使うなら遠くまで届くような商品は必要ない。

家族で使うなら隣の部屋まで電波が届くような強力な商品が必要。
後は付いている機能で選ぶのがおすすめ。

ONUやモデムにルーター機能があるかどうやって見分けるの?

外見だけで見分けるのは基本的に無理。
説明書を読む、回線業者に電話などで聞く。

部屋にONUやモデムが見つからないけど?

インターネット回線契約をしなければONUやモデムはレンタルされない。
賃貸で最初からインターネット回線契約が行われているなら多機能コンセントを確認。

LANというコンセントがあればLAN配線方式なのでそこのケーブルを接続して
パソコンとつなげばインターネットが出来る。

UNIポートって何?

基本はLANポート、責任分界点のこと。

ONUのLAN端子が1つしかないけど複数つなぐためには?

ルーターを接続、今なら無線LANルーターが主流。

有線LAN接続しかないが無線LANを使いたい

そのLANポートに無線LANルーターをつなぐ。

ルーターのLANポートが足りなくなったので増やしたい

スイッチングHUBをつなげる。

無線LANルーターをもう一台増やしたい

ONUから無線LANルーター、そのLANポートに無線LANルーターをつなぐ。
ただ近い場所では無線LAN同士が鑑賞することがあるのでおすすめしない。

ONUと無線LANルーターの接続は通信速度に影響する

ONUとルーター、無線LANルーターを接続する場合の注意点を調べてみましたが
やはり気になるのは通信速度です。

最近では光回線も更に高速通信が出来るようになり、それに対応したLANケーブルの
選び方も必要になりました。

一応ルーターを使わずに、直接パソコンなどの端末をつなぐこともできますが。
危険なのでやはりおすすめはしません。

ONUと無線LANルーターの接続なら、基本的にはそれほど難しいことがなく
初心者でもある程度ならわかるかと。

注意点としてはWANとLANを間違えないこと。
無線LANルーターの設定もあるので、そこは注意しましょう。