iTunesをWindows10で使うときのトラブル解消方法とは?

スマホのiPhoneを使っている方にとってはiTunesが音楽再生プレイヤーという人も
多いかと。

確かにiPhoneで使うには便利なのですが、自分のパソコンがWindowsパソコンでは
同じように使う事ができるのでしょうか?

Windows10でiTunesを使うときのトラブルやその解消方法を確認してみましょう。

Windows10でもiTunesを使う事ができる

まずiTunesがスマホ用のアプリだと思っている方も多いはずです。
でもそれは間違いで、元々Apple社のパソコンのマッキントッシュでも使えました。

そもそもiTunes自体がApple社から提供されているアプリです。
Apple社の製品では普通に使う事が出来たのです。

ただ家庭用のパソコンとして利用されているのはWindows搭載パソコンも多いです。
特に日本国内ではかなりのシェアを占めているのがWindows搭載パソコンです。

そして使われているスマホではiPhoneシリーズがとても多く、こちらで使われているのが
iTunesということになります。

当然パソコンで音楽関係の管理をしたい、という方も多くいます。
そのためにはWindows搭載パソコンでもiTunesを使えるほうが便利です。

それをApple社でも分かっているようで、ちゃんとWindows搭載パソコンでも
ソフトをダウンロードすることができるようになっています。

そして最新バージョンのWindows10でも利用できるiTunesが提供されている
ということです。

音楽再生機能はiTunesの機能の1つ

現状では音楽ファイルの再生アプリとしてiTunesを使っている人も多いです。
確かにかなり使い勝手のいい音楽再生アプリでもあります。

でも元々iTunesは音楽ファイル再生アプリではありません。
パソコンと端末をつなぐためのソフトがiTunesなのです。

つまり音楽ファイル再生機能というのはiTunesの機能の1つ、というだけなのです。
他にも多くの機能が搭載されている便利なソフトなのですが・・・

現状では使っているのは音楽ファイル再生やファイルのダウンロード、動画再生など
という方も多かと。

確かにこれとプレイリストを作る機能があれば、音楽ファイル再生ソフトとしては
十分な機能があるといえます。

でもパソコンで使う場合には、パソコンのファイルを管理して端末にコピーするなど
使いやすい機能があることもちょっと覚えておきましょう。

特に端末、iPhoneなどのバックアップ機能は必要になる状況も考えられます。
それを考えるとパソコンでiTunesを使うことはとても便利だと思えます。

Apple社のパソコンには最初からインストールされている

パソコンと端末をつなぐことが出来るソフトで、しかも提供しているのがApple社です。
当然ですがApple社のパソコンにはプレインストールされているソフトでもあります。

最新のmac OS搭載パソコンには最初から、このiTunesがインストールされています。
ただし購入するパソコンによってはソフトのバージョンが古くなっています。

そこでパソコン購入後にiTunesを更新する必要があります。
Apple社のパソコンを購入する場合は、こちらに注意しましょう。

そしてWindows搭載パソコンを購入した場合には、ソフトがインストールされていません。
自分でインストールすることが必要になります。

当然最新のWindows10でもiTunesがプレインストールされている、という商品は
基本的にないと考えられます。

Windows10でiTunesを使いたい、という場合には自分でインストールをする事が
必要になるので覚えておきましょう。

iTunesのインストールには注意が必要

Windows10でiTunesを使う場合、当然ですがストアからダウンロードをします。
ただWindows10の場合にはちょっと注意が必要になります。

例えば普通にiTunesを検索した場合、iTunesのWEBサイトにたどり着きます。
こちらからダウンロードが出来るのですが・・・

Windows搭載パソコンから検索していると、こちらの画面にはMicrosoft Storeからの
ダウンロードが最初にでてきます。

2018年からiTunesはMicrosoft Storeからのダウンロードが出来るようになりました。
こちらからダウンロードすることでバージョンアップなどの自動更新が出来るのです。

Windows搭載パソコンを使っているなら、こちらからダウンロードするほうが便利
という意見も多いのですが・・・

実はMicrosoft Storeからのダウンロードでは不具合が確認されているのです。
簡単に言えばStoreとWEBではソフトの仕様が違う、ということのようで。

だからおすすめとしてはそのまま、iTunesの公式サイトからWEB版のソフトを
ダウンロードすることです。

その方法を解説しましょう。

公式サイトを下の方までスクロールさせる

公式サイトでも最初の方にWindows版のインストールにはMicrosoft Storeからの
ダウンロードを促すような作りになっています。

ボタンがあるのでそれをクリックすればStoreに行けるのでダウンロードが出来る
ということになるのですが。

ここからのダウンロードをせずに、先までスクロールさせます。
先に行くと「他のバージョンをお探しですか?」という文字があります。

この文字の横には青い字で「mac OS」と「Windows」という文字があります。
それをクリックすることで、WEBから直接iTunesをダウンロードできるようになります。

この「Windows」という文字をクリックすれば、先ほどMicrosoft Storeだったスイッチが
Windows10(64bit)のダウンロードスイッチに変わります。

これで直接WEBからダウンロードが出来るようになります。
ちなみにWindows10(32bit)もその下にある文字からダウンロード出来ます。

ただしこれでダウンロードされるのは、パソコンにインストールするためのプログラム
ダウンローダーと言われるものです。

この時点ではまだパソコンにiTunesは入っていないので注意しましょう。

インストーラーを起動させてiTunesをインストールする

WEB上からファイルをダウンロードする場合、それぞれのパソコンごとに設定を
決めることが出来ます。

一般的にはデフォルトがWindowsフォルダの中のダウンロードというフォルダですが
わかりにくいのでデスクトップにダウンロードします。

ダウンロード先を選べるので、パソコンのデスクトップを選ぶとそちらにiTunesの
ダウンローダーが表示されるはず。

これは実行ファイル(exeファイル)なのでダブルクリックすると作業を開始します。
つまりiTunesのインストール作業をします。

パソコンの性能によって作業時間が変わりますが、古いパソコンの場合はかなり時間が
掛かる可能性があります。

インターネット回線の状況も合わせて10分くらいかかる可能性もあるそうです。
早ければ1分くらいで全ての作業が完了しますが。

インストールが完了しました、と表示されればパソコンにiTunesがあるはず。
これがいわゆる「デスクトップアプリ版」のiTunesのインストール方法です。

Microsoft Store版はそのままStoreからダウンロードする

先ほどの注意点として「Microsoft Storeを選ばない」としましたが、こちらを選んで
ストアからダウンロードすればストア版がインストールされます。

例えばiPhoneを使っているならAPP Storeからアプリをダウンロードする
という状況と同じです。

ストア内でアプリを選べば、そのまま端末にダウンロードというかインストールします。
ストア版ではダウンローダーを使いません。

こちらの場合はストアから直接ダウンロードされて、そのままインストールされます。
手間がないといえばないのですが・・・

一応ストアでは確実に審査を行っていて、こちらからダウンロードするアプリには
ウイルスが含まれているものがない、と言われています。

セキュリティ上の安全性が保たれているのでそのままインストールしても大丈夫
ということです。

ストア版とデスクトップアプリ版は別物

どちらもちゃんとApple社が提供しているアプリなので、それぞれインストール方法が
違うだけで同じアプリという方もいます。

でもそれはちょっと違います。
現状ストア版とデスクトップアプリ版は別物のiTunesなのです。

基本的な機能などに違いはありません。
バージョンも同じものが配信されています。

それでもやはりストア版とデスクトップアプリ版では全くの別物と言っていいほどの
違いが出来てしまっているのです。

iTunesのMicrosoft Store版とデスクトップアプリ版の違いについて確認

では実際にそれぞれのアプリの違いについて、どこが違うのかを確認してみます。
実際にストアからダウンロードするiTunesはバージョンも最近版です。

細かな違いとしてはファイルの保存場所が違っているなどあるのですが・・・
それ以前にMicrosoft Store版では動作に不具合を起こすことが多いのです。

特にiTunesをインストールした後のパソコン自体の動作がおかしくなるという状況は
かなり多くのユーザーが実感しています。

他にも色々な問題点が見つかっているという状況です。
そして、その修正パッチなども配布されていないのが現状です。

この現時点で分かっているMicrosoft Store版の不具合も合わせて、デスクトップアプリの
違いを確認してみましょう。

端末の認識がされない

最初に説明したとおり、iTunesは元々パソコンとiPhoneなどの端末をつなぐための
ソフトとして利用されています。

パソコン内部のファイルなどを端末に移動させることが簡単にできるのです。
このiTunesの機能が使えない、という状態が起きています。

一部のユーザーからはMicrosoft StoreからダウンロードしたiTunesではiPhoneや
iPadが認識されていない、という意見がでています。

実際にiTunesでiPadを接続しようとすると「iPad用のドライバをインストールするには
Windowsアップデートが必要」などのメッセージが表示されます。

しかもこれがデスクトップアプリ版では出ない不具合、というのですから間違いなく
ストア版にはなにか不具合が起きているということに。

確かに何も問題なく使えている、というユーザーも居るのですが・・・
同じソフトでわざわざリスクを抱える可能性があるアプリをおすすめできません。

デバイスのバックアップの場所が違う

パソコンの中にバックアップファイルを作るのですが、そのファイルを作る場所が
デスクトップアプリ版とストア版ではちょっと違います。

デスクトップアプリ版ではAPP DATEの中にあるApple computerというファイルの中に
バックアップデータを作成します。

でもストア版ではUSERPROFILEの中のAppleというフォルダに作成されます。

あまり普段はデバイスのバックアップなど気にしないとは思いますが。
一応違うフォルダにバックアップが作られるので、気をつけましょう。

アップデート方法が違う

先ほど少し説明しましたが、ストア版はMicrosoft Storeが配信しているアプリの
アップデートも管理しています。

こちらからダウンロードをすると、バージョンアップのデータがあれば自動的に
端末にダウンロードをして適応させてくれます。

つまりストアからダウンロードをすれば、自分でiTunesのアップデートを確認せずに
自動的に最新バージョンを使う事ができるというわけです。

デスクトップアプリ版を使っている場合は、iTunesを立ち上げてからアップデートの
確認を自分で行う必要があります。

APP Storeなどから自分でダウンロードをするという方法でも構いません。
自分でiTunesの最新バージョンの確認が必要、というわけです。

インストール方法が違う

これは先ほど説明したとおりです。

デスクトップアプリ版はインストーラーを使ってインストールします。
ストア版はストアからそのままインストールされます。

Windows10の動作がおかしくなる

元々iTunesをインストールすることでパソコンの動きが重たくなる、ということは
よく言われていました。

最新バージョンではそれらも改善されている、と言われていますが・・・
やはりパソコンの性能によっては厳しいところもあるようです。

ただストア版では、パソコンの性能に関係なく動作が不安定になるという意見が多く
実際にタスクバーが反応しなくなる、という意見もありました。

他にも色々と口コミでは不具合、というか反応しなくなるという報告があります。
それも全てストア版のみ確認されています。

全てのユーザーに同じ症状が確認されている、というわけではないのですが。
不安定になるという意見が多いのは気になるところです。

ストア版はWindows10のみ対応

ストア版をインストールする場合、対応OSとして発表されているのはWindows10のみ
他のバージョンのWindowsでは対応外とされています。

でもデスクトップアプリ版ではWindows7以降の対応、ということになっています。
同じソフトのはずですが、対応OSに違いがあります。

ただ現状すでにWindows7はMicrosoftのサポートが終了しています。
Windows8はちょっと使われ方が違うので、基本的にはWindows10のみになるかと。

現状の対応としてはこれでもいいのかもしれませんが。
ちょっとした違和感が残る、という印象です。

ストア版では動かないソフトがある

一部のソフトはストア版での動作ができない、という確認がされています。
元々iTunesはプラグインなどを追加することが出来るソフトです。

自分なりに使いやすくするプラグインなどをインストールできるのですが、そのいくつか
動かないと確認されているものがあるのです。

そして動作がしないのはストア版だけ、デスクトップアプリ版では普通に動きます。

全てのプラグインやソフトが確認されていないのですが、一部のプログラムはストア版で
動かないというのがはっきりと分かっています。

動かないソフトを使うためには、デスクトップアプリ版を使うことになります。

現状ではストア版をおすすめする理由がない

基本的には同じソフト、と言われてもこれほどの違いが現状確認されています。
特にソフト起動時の不安定な挙動、というのはかなり気になるところです。

それにiPhoneやiPadなどの端末が認識されない、という症状がでてしまえば
パソコンでiTunesを使う意味が無くなってしまいます。

一応解決方法としてはApple Mobile Device Supportを自分で再インストールする
という方法で解消できるそうですが・・・

そんな苦労をしてまでストア版を使う意味が見つけられません。
はっきり言えばアップデートは自分で探しても少しも手間になりません。

大きなメリットがなく、デメリットだけ豊富に見つかるストア版をおすすめするのは
私は出来ません。

何かのこだわりでもなければ、Windows10にインストールするのはデスクトップアプリ版
これが私のオススメです。

ストア版をインストールするとデスクトップアプリ版が削除される

ストア版とデスクトップアプリ版の違いについては分かってもらえたかと。
そして私のオススメは間違いなくデスクトップアプリ版です。

インストール方法にも違いがあるので、まず間違うことはないと思いますが・・・
万が一、ストア版をインストールした時にはかなり注意が必要です。

Windows10でストア版をインストールした場合、それまでデスクトップアプリ版の
iTunesを使っていたら削除されてしまうのです。

確かに動いているOSがMicrosoftのWindows10ならばMicrosoft Storeから
インストールしたソフトが優先されるのもわかるのですが。

このiTunesに関してはストア版がとても使いにくくなっています。
つまりストア版に入れ替わることは大きなデメリットになると考えます。

確かに問題なく使えている、というユーザーも居るのでチャレンジしてみるのも
一つの方法ではありますが。

ストア版を使う気がないのにアップデートなどで方法を間違えてしまうと
ストア版をインストールすることになるので注意しましょう。

実際に削除の確認が出るのは起動後

ただストア版をインストールしただけで勝手にデスクトップアプリ版を削除する
というわけではありません。

ストア版をインストールした場合、最初の起動時に確認メッセージがでます。
デスクトップアプリ版がインストールされていれば削除を求められるのです。

ストア版とデスクトップアプリ版は同時に使うことができない、ということです。
そして削除メッセージが出る、ということはストア版をインストールしたということに。

ちなみにデスクトップアプリ版を削除した場合でも、そちらで使っていたデータなど
全てストア版に移行されます。

ダウンロードデータはもちろん、プレイリストなどの情報も全てストア版で同じように
使う事が出来ます。

ストア版に乗り換える、と言うつもりならそのままデスクトップアプリ版は削除しても
問題ありません。

間違ってストア版をインストールしたら全て削除して再インストールがおすすめ

間違ってストア版をインストールした場合、「すでにインストールしているiTunesを
削除しますか?」とメッセージがでます。

このために間違えたことがわかるのですが、はっきり言えばそのまま使い続けるのは
ちょっとおすすめできません。

先ほど説明したように、ストア版とデスクトップアプリ版は別のソフトです。
同じ名前で別のソフトが同じパソコンにある、という状況はあまり好ましくはないかと。

インストールしたファイルには一部共用されているものもあるかもしれません。
ストア版だけを完全消去するというのは難しい可能性もあります。

そこでWindows10のコントロールパネルから、全てのiTunes関連のファイルを
削除して再インストールすることをおすすめします。

バージョンアップで間違えた場合でも、再インストールすれば当然最新バージョンが
適応されます。

今度は間違えないように気をつけてダウンロードしましょう。

パソコンにiTunesをインストールできない場合の対処方法

では次に自分の持っているWindows10搭載パソコンにiTunesをインストールしよう
と思った時に出来なかったらどうすればいいのか。

その対処方法についても確認しておきましょう。
今回は基本的にデスクトップアプリ版をインストールする場合で考えてみます。

ただ基本的にはストア版でも、手順にそれほど大きな違いはないはずです。
どちらを使っている場合も参考にしてみてください。

管理者としてログインしているか確かめる

一部のソフトのインストールでは管理者権限が必要になります。
他人のパソコンへ勝手にソフトのインストールをする事が出来ません。

そのパソコンにログインしているユーザーIDは管理者としての権限を持っているのか
確認をしてみましょう。

1人で使っているパソコンならほぼ問題はないはず。
家族と一緒に使っている場合、管理者のユーザーIDでログインをし直しましょう。

管理者権限を持っているユーザーIDの確認方法はWindows10のヘルプや
Microsoftのヘルプなどで確かめてください。

Windowsのバージョンを確かめる

デスクトップアプリ版のiTunesではWindows7以降のOSが対応となります。
それ以前のWindowsを使っている場合にはアップデートが必要になります。

先ほどの管理者権限を持っているユーザーでのログインが必要、というのは
このWindowsのアップデートが必要な時を考えてのことです。

ただ現状としてWindows7のサポートの終了している状況で、それ以前のバージョンを
使っているパソコンではiTunesを使うのはちょっと難しかと。

できれば最初からWindows10搭載のパソコンで使うことをおすすめします。

競合しているソフトウェアを無効にする

一部のウイルス対策ソフトは、インストールやダウンロードの時にかなりの時間が
かかるようになってしまうという状況もあります。

それに単純にインストール作業を邪魔しているソフトが常駐しているという可能性も。
それらがメッセージとして出る場合には解除してみましょう。

競合しているソフトを停止して、改めてインストールすることで成功するということも
多く報告されています。

セキュリティソフトの場合はアンインストールが必要になることもあります。
インストール時のメッセージにはちゃんと注目しておきましょう。

前回インストールしたときの残っているコンポーネントを削除する

一度インストールをしたことがあり、再インストール時にできなくなっている
という場合には前のときのコンポーネントが残っている可能性があります。

できればiTunesと関連ソフトを全て削除したあとで再インストールがおすすめです。
残っているコンポーネントを削除してみましょう。

Windows10の場合は普通にコントロールパネルからソフトの削除で出来ます。
ただし何も残っていないか、確認をしてみましょう。

プログラムファイルの中を見て
・ iTunes
・ Bonjour
・ iPod

これらのフォルダが残っていれば削除をします。
後はCommon FilesのAppleフォルダの中も見てみます。

・ Mobile Device Support
・ Apple Application Support
・ CoreFP

これらのフォルダがあればやはり削除しましょう。

Windows10の64bitを使っている場合は更にProgram Files (x86)を見て
プログラムファイルの時に探したフォルダが残っていないか確認をします。

最後にゴミ箱をからにして、完全に消去してから再インストールをしてみます。

パソコンを再起動させてみるのもおすすめ

初めてインストールをする場合には、ほとんど失敗するということはないはずです。
一部のウイルス対策ソフトが影響することはありますが。

ダウンロードに時間がかかりすぎると、失敗と判断されます。
あまりに時間がかかるなら、ウイルス対策ソフトを停止してみましょう。

後はパソコン自体がかなり重たい状況になっていると、通信速度にも影響が出る
と言われています。

自宅で使っているパソコンでも、定期的に電源を切ってキャッシュのクリアをする
という方法は安定性を高めるためにもおすすめです。

簡単な不具合ならパソコンの再起動でもとに戻る可能性も高いので、インストールに
失敗するようなら一度パソコンを再起動してみるというのもおすすめです。

インストールしたiTunesが起動しないときの対処方法

インストールには成功したけど、使っていたiTunesが起動しなくなったというトラブルも
かなり多く報告されています。

特にWindows10の場合はアップデートがあると起動しなくなる、という報告も多く
やはり相性が悪いのかな、という気もしますが。

でもやはりiPhoneを使っている人ならiTunesが使えなくなるというのはかなり厳しい
というところもわかります。

そこで起動しなくなったiTunesを起動させるための方法、対処方法を調べてみました。
簡単にできる方法もあるので、まずはこちらを試してみましょう。

管理者として実行、をやってみる

Windows10のデスクトップにiTunesのショートカットを作っている場合、その
ショートカットを右クリックします。

プルダウンメニューが開くので、その中にある「管理者として実行」というコマンドを
選んで起動してみましょう。

パソコンを使っている人が1人ならやはり問題はないのですが、インストールした人と
起動しようとした人が違う場合に起動しないということも起きるそうです。

この場合は、ソフトをインストールした人、つまり管理者としてソフトを起動させると
立ち上がる可能性があります。

ショートカットを作っていない場合はインストール済みプログラムからiTunesを選んで
同じように管理者として実行をやってみます。

タスクバーを右クリックすると「検索」があるので、そこからiTunesを検索します。
アプリが見つかったら同じように右クリックで管理者として実行を試してみます。

起動できるようなら、以後この方法で立ち上げましょう。

セーフモードでiTunesを立ち上げる

すぐにでもiTunesを使いたいからとりあえず起動させたい、という場合には
セーフモードで起動を試してみます。

パソコンでも、何か不具合があった場合に最小限のプログラムで起動させる
セーフモードという機能があります。

使える機能に制限がでてしまいますが、とりあえず起動させて原因などを確かめて
改めて作業をするという方法によく使われます。

これがiTunesでもできます。
やり方はキーボードの「Shift」と「Ctrl」を同時に推し続け、そのまま起動させます。

これでiTunesが起動できれば、とりあえず使う事ができるはず。
なにかメッセージが出れば原因が分かる可能性もあります。

プログラムの修繕をしてみる

プログラムが破損している状態でも、自己修復できる状況にあるなら「プログラムの
修繕」という方法が使える可能性も。

Windows10ではコントロールパネルからインストールされているソフトなどを
削除することができます。

このコントロールパネルではアプリやソフトによって、削除の他に「修繕」という
項目が表示されます。

この修繕がiTunesでも使えるのです。
やり方はコントロールパネルからプログラムのアンインストールを選びます。

パソコンにインストールされているソフトからiTunesを選んで右クリックすると
プルダウンメニューに削除と「修繕」があります。

この修繕を選ぶとiTunesの自己修復プログラムが実行されます。
状況によってはこれで起動できるようになるかもしれません。

再インストールをする

今までの方法でiTunesが起動しないようなら、ソフトを再インストールする
という方法になります。

先ほど説明したように、iTunesでは関連ファイルが残っているとインストールができない
という状況も考えられます。

コントロールパネルから削除を選んだ後にもそれぞれのフォルダを確認して、関連した
ソフトやファイルなどが残っていないか、確認をしておきましょう。

その後、WEBサイトからiTunesをダウンロードして再インストールします。
やはりおすすめはデスクトップアプリ版です。

問題が解決しない時にはAppleのサポートに連絡

再インストールはかなりの手間と時間がかかりますが、それ以外の方法なら比較的
簡単に試してみることが出来るかと。

ただそれでも起動しない、という場合にはユーザーとして出来ることがないので
提供しているApple社のサポートに連絡をすることになります。

基本的には再インストールをすれば使えるようになるはずですが・・・
それでも起動しないという場合には、かなり大きなトラブルが原因と考えられます。

もう1つ簡単な方法としては、iTunesの利用を諦めて別のソフトを使うという方法も。
ただしこちらは今までのファイルなどが無駄になるので、あまりおすすめはしませんが。

デスクトップのショートカットを勘違いしている人も多い

パソコンに詳しくない方の場合、Windows10のデスクトップのアイコンと言っても
あまり意味がわかっていないという場合も多いようです。

Q&Aなどで見かけるのは「iTunesがデスクトップから消えた」や「バックグラウンドでは
動いているけどデスクトップにない」という質問です。

基本的にWindows10などデスクトップに置いてあるのは、プログラムを起動させるための
ショートカットです。

デスクトップ上にプログラムがあるのではなく、これはプログラムを起動させるための
スイッチのようなものです。

たとえデスクトップから無くなったとしてもプログラムはパソコンの中にあります。
もう一度ショートカットを作ればいいだけです。

Windows10ではピン留めなどでかんたんにショートカットの作成ができます。
デスクトップから無くなっても慌てずに、もう一度ショートカットを作りましょう。

パソコンと端末をiTunesで同期させる方法

最近ではiTunesを音楽再生アプリとしてだけではなく、パソコン内部のデータと
端末を共有させるという目的で使う人も増えています。

そこでiTunesを使ったパソコンと端末の同期方法を確認しておきましょう。

当然Windows10搭載パソコンでも問題なくiPhoneやiPadとの同期ができます。
まずはパソコンと端末をUSBケーブルで接続します。

この時、iTunesを開いておくとわかりやすいかと。
端末が接続されると、iTunesの左上の方に端末のアイコンが表示されます。

この端末アイコンをクリックした後に、iTunesの「設定」から同期したい
ファイルの種類を選んでいきます。

選択するにはチェックボックスをクリックする。
ちなみにチェックを外せば同期をしないということになります。

後はウインドウの下にある「適応」ボタンを押せば同期が完了します。
同期が始まらない場合は「同期」というボタンがあるのでそれを押します。

WiFiを使って同期をすることも出来る

一度USBケーブルを使ってパソコンと端末を同期させれば、その後はわざわざ
ケーブルを使う必要がなくなります。

一応WiFiに対応したパソコン、という条件が付きますが。
Windows10搭載のノートPCなどでもこの方法をつかうことが出来ます。

やり方はUSBケーブルを使ってパソコンと繋いでいる時に、iTunesのメニューの
左側にある「概要」をクリックします。

メニューの中に「WiFiを使ってこのデバイスと同期」という項目があるので
これをクリック、最後に「適応」させれば完了です。

これで端末の電源が入っている状態で、同期したパソコンと同じWiFiネットワークに
接続されていればiTunesで自動的に表示されるようになります。

1つの端末で複数のパソコンと同期は出来ない

注意点としては1つの端末で複数のパソコンと同期することは出来ません。
端末1つで、1つのライブラリと同期ができるだけです。

別のパソコンと同期をしているiPhoneなどで、同期をしようとすれば
別のiTunesライブラリと同期されている、というメッセージがでます。

この場合、今回接続したパソコンと同期させたいというなら「消去して同期」を
選ぶということになります。

消去して同期を選ぶと、その端末の中にある以前同期をしたコンテンツのファイルが
全て消去されます。

1つの端末で1つのパソコンと同期、というのは覚えておきましょう。

iTunesを使って同期が出来るファイルの種類

パソコンの中にあるどんなファイルならiTunesを使って端末と共有できるのか。
まず音楽と映像関係はかなりできることになっています。

アルバム、曲、映画、プレイリスト、テレビ番組、Podcast、オーディオブック。
これらのコンテンツは端末と同期させることができます。

他にも写真とビデオも同期が可能です。
後は連絡先とカレンダーも同期可能なコンテンツということです。

ただしiTunes Storeのコンテンツによっては、国や地域によって異なります。
場合によっては全く同じように取り扱うことが出来ない、ということもあります。

海外でもコンテンツの購入をする、という場合にはちょっと注意をしておきましょう。

トラブルが少ないデスクトップアプリ版のiTunesがおすすめ

Windows10になり、Microsoftでは全てのWindowsで使えるようにソフトを
Microsoft Storeからダウンロードさせるという計画を実行しています。

現状パソコンのOSとしてだけではなく、モバイル端末のOSとしてもWindowsが
開発されています。

そちらとも同じソフトが使えるように、MicrosoftではiTunesもストアからの
ダウンロードを推奨しているようです。

ただし現実にはMicrosoft StoreからインストールするiTunesには色々な不具合が
確認されています。

それを考えると、Appleとしては今まで通りWEBからダウンローダーを使って
インストールさせるデスクトップアプリを使わせたいのかなあ、という印象も。

ユーザーとしても、不安定なiTunesを使うよりも、安定しているほうがおすすめ
ということで私はデスクトップアプリ版をおすすめします。

すでに音楽再生だけではなく、多くの機能があるのでiTunesの不具合というのは
端末とWindows10搭載パソコンの両方に大きなダメージとなります。

今回はもしものときの解消方法も調べてみたので、iTunesのトラブルが出た時には
参考にしてみてください。