HUMAXのルーターが繋がらない時に出来ることは?

インターネット回線接続サービスにはかなり多くの種類があります。
最近の主流になっているのは光回線ですが。

光回線は全国どこでも利用できる、というサービスでもありません。
山間部など一部地域では光ファイバーケーブルを設置できないところも。

そんなところでも活躍しているのがケーブルテレビのインターネットサービスです。
でもそのルーターがインターネット接続できない時にはどうすればいいのでしょうか。

JCOMでもインターネット接続サービスが提供されている

ケーブルテレビのサービス提供会社として有名なのはJCOMです。
全国対応で利用可能地域も広く、CMなどでも見かけるのでご存じの方も多いかと。

このJCOMでも自社のケーブルテレビ回線を使ったインターネット接続サービスを
提供しているのです。

JCOMは現在KDDIの傘下に入ったことで、かなり豊富なインターネットサービスの
提供が出来るようになっています。

同じくKDDI傘下のauひかりを利用することも出来るのです。
ただこちらは完全に別のサービスなので今回はちょっと考えないことにします。

JCOMとしてはケーブルテレビ回線を使ったインターネットサービスの提供があり
それにはケーブルモデムと言われる装置が使われています。

一般的な光回線で使われているONUやルーターとは違う機材が使われている
というのなら、万が一故障したときなどの心配があるのですが・・・

実はこのケーブルモデム、基本的にはルーターと同じものなのです。

ケーブルモデムの機能は基本的にルーターと同じ

インターネット回線を複数の端末で使う時には、それぞれの端末が混戦しないように
インターネット回線に接続する前に調整する必要があります。

それを行うのがルーターという機材です。
最近ではWiFi機能を搭載したWiFiルーターが主流になっています。

有線LANでパソコンと接続、WiFiを使ってスマホやタブレットPCを接続できる
という機材がWiFiルーターです。

そしてケーブルテレビ回線で使っているケーブルモデムというのは、実はこのルーターと
同じ機能を持っているのです。

ケーブルモデム、という名称ですがケーブルテレビ回線への接続は基本的に
セットトップボックスという機材で行っています。

これを自宅の同軸ケーブルで配線すれば、どこの部屋にいてもケーブルテレビを
見る事ができるようになります。

その同軸ケーブルからインターネット回線への接続をさせるために使うのが
ケーブルモデムで、実際にネット接続の回線はセットトップボックスから。

つまりケーブルモデムと言っていますが、実際にはルーター機能を搭載している機材
というだけなのです。

繋がらないときの対処方法としては基本的にルーターと同じことをすればいい。
ということになります。

JCOMのルーターはHUMAXなど海外のブランドが多い

混乱しやすくなってしまうので、今回はケーブルモデムも「ルーター」と
紹介させていただきます。

そしてJCOMで使われているルーターは、ちょっと聞き慣れない海外の会社の
商品が多いという特徴があります。

HUMAXというのは韓国の会社で、イギリス、中東、ドイツと着実に現地法人を設立
当然日本にもヒューマックスジャパンが設立されています。

ケーブルテレビのセットトップボックスや衛星放送のチューナーなどの生産が主な商品で
日本国内でも一時期スカパーのブランド名でHUMAXのチューナーがレンタルされました。

このHUMAXを始めとして、JCOMで取り扱われているルーターは日本で有名な
BUFFALOやNEC、エレコムなどではありません。

BNMUX、Motorola、NETGEAR、Linksys、CISCOなど取り扱われているルーターの
ほとんどが海外の製品です。

海外で有名な会社の製品もあるので、当然聞いたことがあるという方もいるはずです。
ただ一般的にはあまり有名ではない会社、という印象が強いです。

一般的な意味ではモデムとルーターは全く別の機材

今回は混乱を避けるためにJCOMで使われているものもまとめてルーターとしています。
多々正式名称としては「ケーブルモデム」ということなのですが・・・

そこで間違ってほしくないのは「モデム」と「ルーター」が同じものと思ってしまう
という方がいることです。

はっきりいうとモデムとルーターは全く別の機材なのです。
それぞれに別の働きがあるので、基本は違う状況で使われるものなのです。

そこで間違いやすい「モデム」と「ルーター」を詳しく説明しておきます。
今回が特殊な例、ということを改めて確認する意味でも説明をしておきましょう。

モデムはアナログ信号とデジタル信号を変換する機材

まずモデムというのは簡単に言えば信号の変換器です。
主に使われるのは電話回線を使った通信をする場合の機材です。

インターネットが開始される前、パソコン通信という電話回線を使った通信方法では
全てのユーザーがモデムを使っていました。

電話回線は基本的に音声を伝えるので、中を通るのはアナログ信号ということに。
た出しパソコンではアナログ信号を使っていません。

パソコンではすべてのデータがデジタル信号なので、アナログ信号の電話回線を使うには
データをアナログ信号に変換することが必要になります。

それを行っているのが「モデム」というわけです。
受け取る時に電話回線を通ってきたアナログ信号をデジタル信号にする役割もあります。

つまり電話回線やケーブルテレビ回線を使って通信をするために使う、信号変換器が
モデムということになります。

ルーターは複数端末を同時にインターネット接続させるための機材

次にルーターに関して説明します。
ルーターは複数の端末を同時にインターネットに接続するための機材です。

自宅にインターネット回線を引いて、それにパソコンを接続すればインターネットへの
接続ができるようになります。

でもこの状態では、直接接続しているパソコン以外の端末ではインターネットへの
接続ができないということに。

そこで1つのインターネット回線を分配することで複数の端末が同時にインターネットに
接続できるようになるのですが・・・

インターネット通信にはIPアドレスという、ネット上の住所のようなものが必要です。
契約した回線には必ずIPアドレスが1つ付くことになります。

情報のやり取りに必要なのですが、複数の端末で同じ回線を使っている場合に
同じIPアドレスになってしまいます。

どこの端末で通信をしているのかがわからない、という状況を改善するために
使われるのがルーターです。

単純に回線分岐をするのではなく、交通整理のように正しい通信ができるように
管理してくれるのがルーターというわけです。

HUMAXなどのルーターが繋がらない時の原因を考えてみる

機材についての確認ができたところで、実際にHUMAXなどのルーターが繋がらない
という場合にどうすればいいのか考えてみましょう。

前日まで普通に使えていたインターネットが突然繋がらなくなった、という場合には
かなり焦るはず。

でもインターネットが繋がらない原因は必ずあります。
それがユーザーの対処できる範囲とは限りませんが。

まずは落ち着いて、インターネットに接続できなくなった原因を考えてみるのが
おすすめの方法です。

とりあえず直ぐに出来ることを紹介してみるので、試してみましょう。

JCOMの通信障害情報を確認する

原因がユーザーではなく回線にある場合の考え方で、まずはJCOM自体の通信障害が
発生していないかを確認します。

ケーブルテレビ回線自体が通信できない状況なら、当然インターネット接続は出来ません。
HUMAXのルーターが繋がらない、という以前の問題になります。

ただしこの場合、インターネット回線が障害で繋がらないので別の回線を使って
通信障害の情報を確認することになります。

例えばスマホの4G回線を使う、家族が別の回線を契約していればそちらでも
インターネット接続が出来るのか確認するという方法が必要かと。

個人で複数の回線を契約している、という状況が厳しいという場合もありますが。
JCOM以外の回線を使って、通信障害の情報を集めてみましょう。

通信障害が起きているなら、ユーザーが出来ることはありません。
素直に障害が解消されるまで待ちましょう。

メンテナンスなどのお知らせが届いていないか確認する

通信回線は時々メンテナンスをしています。
普通は一般的な利用者が少ない真夜中に行われるのですが。

メンテナンスや工事の状況によっては午前中などに回線が使えなくなることもあります。
そのお知らせなどが届いていないか確認をしてみましょう。

メールで来た場合には確認するのが難しくなる、という場合もありますが。
後は普通に封書などで投函されていることも多いです。

更に集合住宅の場合には、その建物だけでメンテナンスや工事が行われることもあり
それは普通にインターネットで情報を探しても見つけるのは難しいです。

メンテナンスや工事のお知らせは、事前に届くのですがかなり速くに届いていて
ユーザーが忘れているということも。

実際に私はメンテナンス情報のチラシが来たのですが、2ヶ月前に来ていたので
当時すっかりと忘れていた、という事がありました。

まずは落ち着いて、お知らせなどを思い出してみることもおすすめです。

WiFiの接続設定を確認してみる

こちらはあまり頻繁に起きることではないはずなのですが・・・
WiFiの接続設定が変更されていないか確認してみましょう。

JCOMで使われているルーターはHUMAXに限らず、基本的に無線LAN対応です。
つまりWiFiでの接続ができるルーターのはず。

いつも有線LAN接続ではなく無線LANでの接続をしていた、という場合には端末の
無線LAN設定が変更されている可能性も考えられます。

例えばスマホを外出先のフリーWiFiなどで使った時に、無線LANの接続設定を
変更していたという可能性も。

普段はアプリなどで一括管理しているという方も多いので、設定が変更したことを
忘れているということも多いです。

ノートPCやタブレットPCではそもそもWiFiの設定を変更して使っていることも
多いので忘れていると接続が出来ません。

JCOMのルーターのSSIDと端末で接続しているSSIDを確認して、そのパスワードも
あっているのか見てみることをおすすめします。

インターネットに繋がらない時にはルーターのランプを確認する

工事やメンテナンスなどの理由が考えられない場合、インターネットに繋がらない原因は
ユーザー側のどこかにあるということになります。

そこでインターネット接続ができなくなったときの原因を知るために、ルーターを
見てみることをおすすめします。

正しくはルーターのランプの状態を確認する、ということになるのですが。
実は最初にこの「ルーターのランプの状態を確認する」ということでもいいのかと。

ルーターは基本的に電源を入れっぱなしにして使うので、その時の状態をすぐに
確認できるように色々なランプがあるのです。

このランプの点灯状態を確認することで、インターネット回線の状況がわかる
という可能性もあります。

端末がインターネットに繋がらない、という時にはまずルーターのランプの状態を
調べてみましょう。

ただランプの状態がどうなっていると、どんな状況なのかがわからないと意味がない
ということで今回はHUMAXのルーターで状況説明をしてみます。

JCOMで利用できるHUMAXのルーターは2種類あるのですが、どちらも
搭載されているランプの種類が同じなのでわかりやすいかと。

Powerランプ

HUMAXのルーターの場合、どちらの機種でも一番上のランプがこのPowerランプです。
その名前の通り、電源が入っている時に点灯しています。

緑色に点灯しているときは電源が入っている状態です。
赤く点灯しているときは電源が入っているのですが、低電力状態になっています。

電源ユニットかACアダプタの異常が考えられます。
電源供給がない場合には消灯しているので、色の変化には注意しましょう。

DSランプ

こちらは下りの通信が出来ているときに点灯するランプです。
ただしどんな色で点灯するのかは、契約している地域やプランによって変わります。

正常な場合、緑か橙色に点灯しているはずです。
ちなみに通信をしている状態では点滅しています。

下り通信とはインターネット上から情報を自分の端末にダウンロードするときの通信です。
サイトを見た時に写真などを表示させるのもダウンロードになります。

USランプ

先ほどとは逆のアップロードが出来る状況で点灯するランプです。
やはり地域やプランによって点灯する色が変わります。

通信中には点滅するのも同じです。
アップロードはインターネット上にデータを保存する場合の通信に使われます。

SNSで写真をアップロードする、クラウドサーバーにデータを保存するという時に
行われる通信がアップロードです。

Onlineランプ

インターネット通信が出来る状況の時に点灯するランプです。
緑色に点灯していれば問題なくインターネットに繋がります。

これが赤く点滅している状態ではインターネットに繋がりません。
回線状況が悪いなどの状態が考えられます。

ルーターに接続している同軸ケーブルが抜けかけているなどの状況でも赤く点滅を
行うのでまずはケーブルの確認をしましょう。

それでも改善しない場合はJCOM自体の回線が途切れている可能性があります。
JCOMのカスタマーセンターに連絡をしてみましょう。

ルーターからインターネット回線に接続が出来ない状況ではランプが消灯しています。
こちらはルーターの技術的な問題の可能性が高いです。

ルーターの再起動が必要な場合も多いようです。
手順に従って再起動をしてみましょう。

Ethernet1~4

こちらはルーターのLANポートと有線LANで接続している時に、通信をしていれば
点滅して教えてくれるランプです。

HUMAXのルーターには背面にLANポートが4つあって、それぞれのポート番号と
全面のランプの番号が同じです。

ランプが点滅することでどのポートが端末と通信しているのかがわかります。
そしてランプの色でLANの通信速度がわかります。

1,000Mbps以下の通信速度の場合は橙色の点滅になります。
100Mbps以下の場合は緑色に点滅をします。

WPSランプ

端末とルーターをボタン一つで簡単に接続設定させるための機能がHUMAXの
ルーターには搭載されています。

それがWPSという機能で、これが使える状態の時にこちらのランプが緑に点灯します。
WPS機能がONになっている時に点灯です。

WPSを使って接続設定している時には緑色で点滅しています。

2.4Gランプ

ルーターのWiFi機能の2.4GHz通信をONにした場合、緑色に点灯します。
2.4GHz周波数帯の通信機能をOFFにすると消灯します。

他の通信ランプと同じで、通信状態では点滅しています。

5Gランプ

先ほどの2.4Gランプと同じで、こちらは5GHzでの通信機能をONにした場合に
緑色に点灯します。

やはり5GHz周波数帯の通信機能をOFFにすると消灯します。
通信中には点滅するのも同じです。

重要なのはOnlineと電源ランプ

インターネットに繋がらない、という状況の時にまず確認をするのはルーターの
Onlineランプと電源ランプです。

どちらも異常を感知している状態なら赤くなっているはず。
色が違うのでひと目で分かります。

ルーターのランプが赤くなっていたら回線状態など、どこかに異常があるということで
その原因を探すことがインターネット接続回復の方法になることも多いです。

それにOnlineランプが消えているならルーターの再起動が必要になります。
それを確認するためにも、やはり最初にルーターを見てみるのがおすすめでしょうか。

HUMAXのルーターのファームウェアのアップデートは個人では難しい

通常のルーターの場合、通信ができなくなった時にファームウェアの更新という方法も
考えられます。

ファームウェアとは、機材を正常に動かすためのプログラムで普通は購入したものなら
自分でアップデートする必要があります。

WiFiルーターを購入した場合、通信ができるように設定をしたらまずファームウェアを
更新してみるというのが一般的です。

でもJCOMで使われているHUMAXのルーターは通常のルーターではありません。
機能的にはルーターと同じですが、商品的にはケーブルモデムという機種になります。

基本的に海外の会社の製品ですし、そもそもファームウェアの更新プログラムを
公開しているのかもわかりません。

つまり普通のルーターで考えられる「ファームウェアの更新」という手順が
HUMAXのルーターにはない、ということです。

過去に一度アップデートされたが自動更新だった

ではHUMAXのルーターではファームウェアのアップデートはないのか、というと
そういうわけでもないのです。

実は以前、HUMAXのルーターのファームウェアがアップデートされたことがありました。
ただその時には自動アップデートでした。

ユーザーの利用が少なくなる深夜帯にルーターを再起動させながらのアップデートが
行われたことがあります。

この時にもユーザーがやることは何もなく、アップデート中に電源が切れないように
気をつけるくらいのことしか出来ませんでした。

やはりHUMAXのルーターの場合は、ユーザーが更新プログラムを探してアップデート
という手順が難しいようです。

HUMAXのルーターの再起動手順

Onlineランプが消灯している時に必要なルーターの再起動手順も確認しておきます。
基本的には一般的なルーターの再起動とあまり変わりはありません。

公式サイトでもその再起動手順を公開しているので、確認しておきましょう。

・ 同軸ケーブルの状態を確認

ケーブルテレビで使っている同軸ケーブルがしっかりとルーターにつながっているか
それを確認しておきます。

同軸ケーブルはネジで固定されているので、それが緩んでいないかを確認しておきます。

・ 端末の電源を切る

ルーターに接続しているパソコンやスマホなどの電源を切ります。
できればスリープではなく、ちゃんと電源を切ることがおすすめです。

・ 電源コードを抜いて、少し放置してから差し直す

本体背面にある、ACアダプタにつながる電源コードを本体から抜きます。
抜いた後はちょっと放置しておきましょう。

公式サイトでは10秒間放置した後に差し直す、とあります。
一応1分くらい放置しておくことをおすすめします。

・ LANケーブルを差し直す

ルーターに接続しているLANケーブルだけではなく、パソコンに接続している端子も
確認しておくことがおすすめです。

一度抜いて、カチッと音がするまで差し込むと正常に接続されたことになります。
この時に経年劣化でLANケーブルの端子が壊れていないかも確認しておきましょう。

・ 端末の電源を入れる

パソコンやスマホなどルーターに接続していた端末の電源を入れて、インターネットに
接続できるか確認してみましょう。

大雑把ですが、こちらがルーター再起動の手順になります。
これでも繋がらないという場合にはJCOMのカスタマーセンターに連絡をしましょう。

JCOMの問い合わせ方法には種類がある

ルーターの再起動も含めて、ユーザーが出来ることを試してもインターネットへの接続が
出来ないという状況なら後はカスタマーセンターに連絡をします。

JCOMの場合は連絡方法にも種類があります。
状況に応じて選んで連絡することが出来るのです。

連絡方法としては電話、メールに加えてLINEでのチャットもできます。
混雑している窓口を回避して連絡ができる、という可能性も。

それぞれの窓口の連絡方法についても確認しておきましょう。

LINEは友だち追加をしておくことが必要

無料通話アプリのLINEは現状、ビジネスでも使われるほど日本国内で普及している
かなり一般的なアプリです。

スマホの利用が必須ですが、このLINEを使ってカスタマーセンターと連絡することが
出来るのです。

しかもLINEの場合、チャットでの通話ができるのでオペレーターと直接問題解決の
相談が出来るという魅力もあります。

ただし事前にJCOMの公式アカウントを「友だち登録」しておくことが必要です。
登録方法はLINEの使い方を参考に。

JCOMの公式サイトでもLINEアカウントのQRコードがあるので、それを使うか
そのままLINEで「@JCOM」で検索するという方法もあります。

無事に検索できたら「友だち追加」でJCOMの公式サイトを登録しておきましょう。
これで24時間いつでもLINEから連絡ができるようになります。

LINEチャットでオペレーターと連絡ができるのは10:30~21:00までの間で
18:00以降は夜間窓口になります。

チャットでの連絡をしたい場合には時間帯にも注意をしておきましょう。

電話の場合はフリーコール

電話での連絡は普通にカスタマーセンターに電話をすることになります。
フリーコールなので通話料金に関する心配はないかと。

電話番号は0120-999-000です。
年中無休ですが、状況によって時間制限があるので確認をしておきましょう。

インターネット関係の技術的な問い合わせの場合、JCOMネットの専門電話番号が
開設されています。

0120-99-3652がJCOM技術サポートセンターになります。
状況によってはこちらに連絡をしてみる、という方法もあります。

メールは公式サイトの専用フォームから

メールでの連絡はJCOMの公式サイトの専用フォームから送信することになります。
ただこちらの場合はいつ返事が来るかわかりません。

HUMAXのルーターがインターネットに繋がらない、という状況で公式サイトを使う
というのはかなり難しい状況です。

スマホから連絡するにはユーザーIDなどの確認も必要です。
しかも直ぐに返事が来るという保証はありません。

基本的にインターネット接続トラブルのような素早い対応が必要な時にメールでの
連絡というのはかなり使いにくいかと。

ルーターが壊れている場合、基本的には無料交換

カスタマーセンターと連絡できて、ルーターを交換するということになった場合
交換には料金が必要なのでしょうか。

一応ルーターの故障ということなら基本的には無料交換が出来ます。
ただし明らかなユーザーの過失による故障の場合は交換費用を請求されることに。

例えばルーターを蹴っ飛ばして壊してしまった、ルーターにお茶をこぼして
動かなくなったという場合には交換費用を請求されます。

ちなみに料金は状況によって変わるので、カスタマーセンターに聞くまでわかりません。

ルーターを交換するならCISCOのルーターがおすすめ

HUMAXのルーターがインターネットに繋がらなくて交換、ということになった場合
おすすめしたいのはCISCOのルーターに交換することです。

HUMAXと同じく海外の会社なので一般的にはCISCOもあまり聞いたことがない
という方も多いかと。

でもCISCOは通信関係ではかなり有名な会社で、企業の社内LANではルーターや
スイッチングHUBなどが多く使われているのです。

企業内部で通信関係の業務をしている人に聞けばすぐに分かりますが、CISCOというのは
通信関係ではかなり安心できる会社です。

JCOMではこのCISCOのルーターを使う事ができるのです。
出来るならばこちらに交換してもらうことをおすすめします。

実際にCISCOのルーターに交換してもらっただけで、通信速度がかなり改善された
という口コミを見ることが出来ます。

それにHUMAXのルーターでは使えなかったWiFiの中継機がCISCOのルーターでは
使う事が出来たという意見も。

JCOMのルーターではHUMAXよりもCISCOの商品のほうがおすすめです。
できれば交換してもらいましょう。

HUMAXのルーターが繋がらない時にはまずランプを確認

インターネット回線が急に繋がらなくなる、という状況はとても焦ります。
でも落ち着いてまずは原因を確かめることが必要になります。

そのために出来ることは、意外に多いのです。
まずはルーターのランプを確認してみましょう。

HUMAXのルーターなら異常がある場合、赤く点灯することが多いのでどこが悪いのか
すぐに確認できます。

後は消灯しているという場合もあるので、どのランプが消えているのかを確認します。
それだけでもかなり状況が判断できるかと。

HUMAXのルーターを使っているJCOMではLINEを使ったチャットでの連絡が
できるという魅力もあります。

ただJCOMに連絡する前に、まずは自宅で色々と確認やルーターの再起動など
出来ることをしてから連絡することがおすすめです。

オペレーターもルーターの再起動などを促すことも多いです。
事前にやっておけば状況確認もスムーズになります。

それにルーターの少しの不具合なら再起動でも十分に解消できるのです。
まずはケーブル類の確認と再起動を試してみましょう。