ADSL終了が近くなり、乗り換えユーザーの争奪戦も激しくなる?

今までインターネット接続回線の中でも、安い料金で使えるとして人気があった
ADSLですが・・・

近年にサービス終了の発表があり、今は利用できているユーザーも利用できなくなる
という時が来ます。

インターネットがライフラインの1つと言えるほど普及した現在ではADSLに変わる
接続回線を探すことになるのですが、どこを選んだら良いのか悩むところでもあります。

ADSLはブロードバンド回線でも主流のサービスだった

現状のインターネット接続回線の主流といえば光回線、という考えの方は多かと。
実際にかなり広いエリアでの利用が出来るようになっています。

それに伴って光回線の利用料金もかなり下がってきているようです。
安定性も高く、使いやすいインターネット回線という印象です。

でも光回線が主流となる前、ブロードバンド回線といえばADSLという時代もありました。
実際にかなり多くの家庭でADSLが使われていたのです。

元々ADSLは既存の電話回線を使ったインターネット接続サービスです。
多くの家庭で導入のために回線設置工事が必要ない、というメリットがありました。

ただし現状ではADSLの申し込みが出来ない地域も多くなり、ついにサービス終了が
決定しているという状態です。

ではADSLのサービス終了はいつなのか。
それぞれのサービス終了時期を確認してみましょう。

NTTは2023年1月31日でサービス終了

NTTは東日本と西日本それぞれでフレッツADSLというサービスが提供されていました。
このサービス終了は2017年にすでに発表されています。

NTTのADSLサービスは、2023年1月31日で提供終了、と発表がありました。
その発表と同時に、ADSLサービスへの新規加入申し込みも終了しています。

一応発表では「光回線とサービスエリアが重なっているADSLエリアの提供終了」と
なっています。

つまりフレッツ光が提供されていない地域では、2023年以降もADSLのサービスを
提供し続けるということのようです。

Yahoo! ADSLのサービス終了は2024年3月末日

ソフトバンクグループのYahoo! BBでもADSLサービスの提供がありましたが、こちらも
サービス終了の発表が行われています。

ADSLサービスの中ではかなりの大手だったので、Yahoo! BBがサービス終了をすると
かなりのユーザーが乗り換えの必要がでてくると考えられます。

Yahoo! BBのADSL提供終了の発表は2019年の5月に行われました。
そしてこれに伴って系列会社のADSLサービスも同時に終了することが発表されています。

・ Yahoo! BB ADSL
・ Yahoo! BB ホワイトプラン
・ Yahoo! BB バリュープラン
・ SoftbankブロードバンドADSL
・ Softbankブロードバンドステッププラン
・ ホワイトBB

これらのサービスの終了が発表されました。
当然新規加入申込受付も終了しています。

イー・アクセスは現在ソフトバンクとして提供

以前はイー・アクセスという会社でもADSLサービスの提供がありました。
ではこちらはいつまでサービス提供が続けられているのでしょうか。

現在イー・アクセスはソフトバンクの系列会社で、ソフトバンクのサービスとして
提供されています。

つまり上記のソフトバンクのADSLサービスがイー・アクセスのサービスです。
ということでやはり2024年3月末日にサービス終了となります。

イー・アクセスとしての新規加入申し込みは当然すでに行われていません。
ソフトバンクとしても現在新規加入申し込みは出来なくなっています。

現在では全てのADSLのサービスの提供終了が発表されている状態です。

ADSLが提供終了になるのは多くの理由が考えられる

すでにサービスの終了が決定していて、かなり寂しい状況ですがADSLは以前とても
一般的なインターネット接続回線サービスだったのです。

現在の光回線と同じように、多くのプロバイダからサービス提供されていて
多くの家庭がADSLを使ってインターネットへの接続をしていました。

そんなADSLがサービス終了となった理由は、かなり多く考えられます。
単純に言えば、時代の移り変わりということになるのでしょうが・・・

ADSLがサービス終了になる理由として考えられることを、改めて確認をして
考えてみましょう。

ユーザー数の減少

単純に、現在ADSLを契約しているユーザーは173万件となっています。
これはADSLが全盛期だった時の12%程度しかありません。

ADSLが全盛の頃には契約件数が1,450万件を超えている、という状態でした。
たしかにこれだけのユーザーがいれば設備投資等にも十分な資金を投入できます。

でも現状を考えると、少ないユーザーからの料金徴収では経営が良いとはいい切れず
ADSLを提供することの採算が合わない、という状態になってしまいます。

会社としてこれ以上の利益を見込めないサービスを提供し続ける、ということは
出来ないと考えても仕方がないのでは。

設備の老朽化

先ほどのユーザー数の減少に伴った収益の減少は、単純に設備投資だけではなく
設備を維持するためにも厳しくなってきます。

NTTの基地局などにADSLを使うための設備をおいておく必要があります。
その設備のメンテナンスにもコストがかかります。

それが出来なくなってくると、通信の安定性にも大きな問題がでてきます。
利益がないのに出費だけが増えていくという状態です。

更に現状すでに家庭用のADSLモデムの製造が終了している状況です。
NTT基地局側の設備も新しく出来ず、古い機材を修理しながら使う状況です。

通信機材の交換修理が出来ない、という状況になる前にサービス終了という決断は
当然行われるものです。

アナログ電話回線がデジタル回線に交換されている

ADSLは電話回線として使っていたアナログ回線、メタル回線を使って通信をする
サービスとなっています。

でも現在ではすでにメタル回線を使わずに、光ファイバーケーブルを電話回線としても
使っている地域があるのです。

そしてNTTでは電話の音質改善と安定性の向上のために、メタル回線を光回線に
全て交換することも発表しています。

メタル回線がなくなってしまえば、それを使って提供しているADSLもサービスを
続けることができなくなります。

すでにADSLはサービスを続けることが難しい、という状況になっているのです。

光回線提供外エリアでもADSLのサービス続行は難しい

一応NTTの発表では、ADSLのサービス終了は「光回線の提供エリアと重なっている」
地域ということになっています。

これをそのままの意味で捉えるなら、光回線が未提供のエリアではまだADSLを
使い続けることが出来るということになるはず。

実際に光回線が提供されていない地域でNTTのフレッツADSLを別のNTTのサービスに
乗り換えるというのは難しいです。

でもADSLのサービス終了理由の1つには設備の老朽化も考えられます。
つまり現状の設備をいつまで使い続けられるのか、それも厳しい状況かと。

すでにADSL設備を修理しながら使い続けることが難しい状況で今後も同じように
サービスが提供できるとは考えにくいのですが・・・

光回線が提供されていない地域でも、ADSLのサービス終了になる可能性はかなり高い
と考えられます。

ADSLの代替回線として考えられるサービス

すでにADSLのサービス終了が発表されている中で、現在でもADSLの契約者は
170万件以上とそれなりの数があります。

この170万というユーザーを取り込むために、各回線業者で争奪戦が起きている
というのが現在の状況です。

実際にADSLユーザーは、このまま使い続けることができなくなるADSLの代わりに
インターネット接続回線の契約をすることが必要になります。

もうインターネット接続回線を使わない、と言うならそのまま解約すればいい
ということになるのですが・・・

現状としてインターネット回線はライフラインの1つと言われるほどに普及していて
生活には欠かすことが出来ないものとなっています。

そこでADSLのサービス終了を前に、次に使うインターネット接続回線には
どんな物がいいのかを考えることが必要になります。

まずは代替サービスとして考えられるものを確認していきましょう。

光回線

フレッツADSLを使っていれば、NTTからもフレッツ光への乗り換えを勧められる
ということが多いかと。

光ファイバーケーブルを使ったインターネット専用回線が光回線です。
NTTではフレッツ光という光回線サービスを提供しています。

NTT東日本とNTT西日本という管轄の違いはありますが、NTTとしては全国の
かなり広い地域でのサービス提供が出来ています。

ただし山間部など専用の光ファイバーケーブルの設置が難しい地域では今でも
提供が行われていないという状況です。

ADSLと同じ固定回線で、安定性がとても高く高速通信が出来るという魅力のある
インターネット接続回線サービスとなっています。

またフレッツ光以外にもauひかりやNURO光という光回線サービスがあります。
フレッツ光とは違うサービスなので対応地域もそれぞれで確認が必要です。

光コラボ

こちらはフレッツ光を使ったインターネット接続回線サービスで、フレッツ光と違い
プロバイダ一体型の料金体系となっています。

簡単に言えば回線利用料金とプロバイダ料金がセットでお得になったサービスです。
フレッツ光とプロバイダを別々に契約するよりも安くなっています。

更に光コラボ業者独自のキャンペーンなどが広く展開されていて、現状フレッツ光より
光コラボのほうが主流という印象もあります。

利用しているのがフレッツ光回線なので、利用可能地域がフレッツ光と同じです。
プロバイダ以外の業者も光コラボの提供を行っています。

モバイルルーター

固定回線とは違い、スマホと同じように電波回線を使ったインターネット接続サービスが
モバイルルーターです。

有名なところでは、独自回線を使っているWiMAX2+にLTEを使うポケットWiFiが
ありますがそれ以外にも多くのサービスが提供されています。

持ち運んで外出先で使う、という印象の強いモバイルルーターですが・・・
別に屋外で使わないといけない、ということもありません。

実際にWiMAX2+では室内のみで使うホームルーターという商品もあります。
室内だけでモバイルルーターを使う、という選択肢もあるのです。

使っている回線やサービス内容など様々な特徴がある、多くのサービスが提供されている
という印象があります。

レンタルモバイルルーター

モバイルルーターの場合、端末本体をレンタルして使うサービスも多くあります。
こちらを別のサービス、レンタルモバイルルーターと考える方も。

端末がレンタルで、契約期間に縛りがないというところも多いです。
レンタルですが普通に2年契約というところも当然あります。

特徴としては端末購入のためのコストがかからない、最低利用期間の利用で違約金なしの
解約ができるなどがあります。

端末代金割引などのサービスが無い代わりに月額料金が安くなっているというところも
多くあるのが特徴でもあります。

使い勝手がよく、色々なシーンでの利用が考えられるサービスでもあります。

乗り換えユーザーの争奪戦では光コラボとモバイルルーターが魅力的

ADSLからの乗り換えを考えているユーザーの争奪戦、と考えてみると一歩リードの
印象があるのは光コラボとモバイルルーターです。

光コラボはやはり固定回線を考えているユーザーに選ばれやすく、安定した高速通信を
比較的低価格で利用できる魅力があります。

フレッツ光とプロバイダの契約をするよりも、光コラボ特典付きでセット契約したほうが
かなりお得になるのです。

それとモバイルルーターはそれぞれに魅力的なサービスを提供していて、ユーザーの
利用方法にあったサービスを見つけやすいという魅力があります。

使い方によってはモバイルルーターでも十分にADSLの代わりに使う事が出来ます。

そしてモバイルルーターにすると決めた場合、それぞれのモバイルルーター提供業者が
ライバルとなって更に争奪戦をしているという印象も。

それだけモバイルルーターは多くのサービスが提供されている、ということです。

ADSLからの乗り換え先のサービスの月額料金を確認

実際にADSLから乗り換えをする場合、気になるのはそれぞれのサービスの
月額料金です。

ADSLの魅力としては、選んだ回線サービスにもよりますが月額料金の安さというのは
かなり大きなもののはずです。

ADSLでも42Mbpsなどの高速通信が出来るサービスを契約していた場合はそれなりに
月額料金が高いのですが。

サービスによっては月額2,000円くらいで使えるところもありました。
そこから乗り換える回線サービスはどれくらいの月額料金なのでしょうか。

フレッツ光は回線利用料金にプロバイダ料金が必要

NTTが提供するフレッツ光の場合、月額料金はどうなるのでしょうか。
代表的なプランでの月額料金を確認してみます。

フレッツ光のハイスピードプラン、2年契約の割引を適応させると月額料金は
4,500円となります。

こちらは戸建てプランの場合で、マンションなど集合住宅の場合はちょっと
違った月額料金になります。

建物の契約戸数によって料金が変わるのですが、一般的な8戸以上の契約なら
月額3,450円となります。

ただしフレッツ光の場合はこれが回線利用料金なので、この他にインターネットの
接続業者のプロバイダと契約する必要があります。

最安値のプロバイダなら500円程度、一般的なプロバイダなら1,000円くらいという
感じでしょうか。

好きなプロバイダを選んで契約、その料金が必要になるので注意しましょう。

ドコモ光はドコモユーザーが安くなる可能性も

ドコモ光はドコモが提供する光コラボです。
特徴としてはプロバイダを20社以上から選んで契約することができます。

普通の光コラボでは選べるプロバイダは1社というところですが、ドコモ光は
元々ドコモがプロバイダではないので提携したところから選べるのです。

ただしプロバイダとしても光コラボを提供している場合もあるので、ドコモと
話し合ってドコモ光の月額料金をちょっと変えています。

タイプAとタイプBという種類分けがされていて、タイプBはAよりも月額料金が
200円高いという特徴になっています。

タイプAは戸建てプランが月額5,200円でマンションプランが月額4,000円です。
この料金にはプロバイダ料金も含まれています。

それとドコモ光に加入した場合、ドコモユーザーのデータ定額パックが1,000円割引
というセット割も適応できます。

ドコモが提供する光コラボなので、ドコモユーザーがお得になる特典が利用できます。

ソフトバンク光はソフトバンクユーザーがお得になる

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光コラボです。
回線はフレッツ光でプロバイダにはYahoo! BBのみを選ぶことが出来ます。

選べるプランも色々とあるのですが、ここでは代表的な普通のプランの料金を
確認しておきましょう。

ホームタイプでは2年契約で自動更新ありのプランだと月額5,200円で
マンションタイプの場合2年自動更新プランで月額3,800円です。

月額料金自体はドコモ光とあまり変わっていません。
でもこちらでは、スマホのソフトバンクユーザーが割引される特典があります。

やはりデータ定額パックの月額料金が1,000円割引になるおうち割という
セット割引プランを使うことができます。

auひかりも光コラボと同じような料金プラン

光コラボではない、フレッツ光とは別の光回線サービスのauひかりの月額料金も
確認してみましょう。

やはりauが提供しているので、プロバイダは提携しているところから選んで
契約することが出来ます。

ただドコモ光ほど多くはなく、6社から選ぶことになります。

月額料金もプランによって色々と変わるのですが、一般的な2年契約の場合を
確認してみましょう。

戸建住宅での契約は月額5,200円、集合住宅で8戸以上の契約なら月額4,100円と
こちらも他のサービスとあまり変わりない料金でした。

こちらの月額料金にはプロバイダ料金が含まれています。

そして大手キャリアauが提供しているので、auスマホの割引が利用できます。
この辺りもやはり他の光コラボと同じという印象です。

光回線はADSLに比べるとかなり月額料金が高い印象

安定した高速通信が出来るのが魅力の光回線ですが、度のサービスを見ても料金は
それほど大きな違いがありません。

そしてADSLの月額料金と比べてしまうと、かなり高いという印象になります。
ADSLで高速通信をしていた場合よりも更に高い月額料金になります。

そもそもADSLを使っていて、通信速度に問題がないと思っているユーザーなら
光回線の安定した高速通信に魅力を感じない可能性もあります。

安定した通信というのは魅力的ですが、通信速度はそれほど高くなくてもいいという
考えが多いのもADSLユーザーの特徴です。

通信速度がとても重要なオンラインゲームをしているなら、光回線はゲームの結果にも
大きく影響するのでおすすめしやすいのですが・・・

ADSLからの乗り換えと考えると、月額料金がとても高くなるという大きなデメリットが
気になるところです。

光回線への乗り換えでは回線設置工事費用がかかる

光回線への乗り換えという場合、ADSLからでは光回線を設置するための工事が
必要になるのも大きなデメリットです。

ADSLを使う場合、元から設置されていたメタル回線を使ったという方も多いので
回線設置工事という負担をあまり考えていません。

でも光回線はインターネット専用回線の設置工事が必要です。
マンションの場合でも建物内で工事を行う必要がある可能性も。

そしてキャンペーン特典を利用すれば工事費無料という可能性もありますが・・・
基本的に回線設置工事費は30,000円以上というかなり大きな料金が必要です。

それに工事が完了するまで最短でも2週間、長い場合には3ヶ月以上かかる
という状況もあるのです。

ADSLからの乗り換えで料金と時間的な負担がかかる、という大きなデメリットが
光回線をおすすめしにくくしているのです。

WiMAX2+はプロバイダで料金が大きく変わる

固定回線ではなく、モバイルルーターの場合はどうなのでしょうか。
WiMAX2+の月額料金を確認してみます。

WiMAX2+はKDDI参加のUQコミュニケーションズが提供する独自回線を
多くのプロバイダが提供する、というサービスです。

印象的にはフレッツ光のようですが、WiMAX2+の場合は基本的にプロバイダ料金と
セットの料金一体型として月額料金が設定されています。

そしてプロバイダによって月額料金が大きく違っているのも特徴です。
契約期間などでもかなり月額料金が変わります。

例えばBIGLOBE WiMAX2+の場合、契約が1年間で端末料金は別途必要ですが
月額料金は3,980円となっています。

GMOとくとくBBからWiMAX2+の申し込みをすると、3年契約になって
最初の2ヶ月間の月額料金が2,170円となっています。

3ヶ月目から36ヶ月目までは月額3,480円で端末の料金は0円です。
このようにプロバイダによってかなり料金に違いがでてきます。

これは月間データ通信容量制限なしのギガ放題プランの場合ですが、プロバイダでは
場合によって月7GB上限の安いプランの提供もあります。

レンタルモバイルルーターはプランによって料金が変わる

モバイルルーターならもう1つ、端末レンタルのサービスもあります。
こちらもやはり提供する業者によって月額料金は変わってきます。

またサービスによっては1ヶ月から使えて解約時の違約金もない、というサービスも
選ぶことが出来るという特徴があります。

例えばFUJI WiFiなら25ギガまでのプランで月額2,480円、50ギガプランでも
月額2,980円です。

レンタルではないのですがネクストモバイルはWiMAX2+のような高速通信が出来ない
ソフトバンク回線のモバイルルーターですが、月額料金は安いです。

20GBまでの定額プランが月額2,400円というADSLとあまり変わらない料金での
利用が出来るようになっています。

ネクストモバイルの場合、端末料金も0円なので余計な負担がかからないという
魅力もあります。

レンタルモバイルルーターならADSLとあまり変わらない料金で使える

ADSLからの乗り換えを考えるとWiMAX2+のような大容量データ通信プランを
使うというユーザーも少ない可能性は高いかと。

そもそもADSLを使っている時点でヘビーユーザーではない、高速通信が必要で
毎月データ通信容量100GBを超えるというユーザーは少ないはず。

それならレンタルモバイルルーターの小容量プランでも十分だと考えられます。

ただしレンタルモバイルルーターの場合は端末補償への加入が必須と考えます。
端末が故障した時の修理代金が多くのところでとても高いのです。

レンタルの場合、本人の過失がなくても故障してしまうことを考えると故障修理の
負担を減らすためには端末補償に加入することが必須と感じるのです。

端末補償も高いところでは月額500円くらいなので、それも含めて業者を選ぶ
ということが必要になります。

ADSL終了を利用した詐欺行為に注意

ADSLサービスの終了は広く宣伝されているので、聞いたことがあるという人は
かなり多いはずです。

またADSLを使っている人にとってはそのサービスが終了することは自分に関係する
問題となるために注目度も高くなります。

それにつけ込んで詐欺行為に近い、ほぼ詐欺といえる強引な勧誘をしてくる業者が
実際に報告されています。

多くの場合、光回線の契約代理店なのですが、ADSL契約者のアパートなどで実際に
詐欺行為が行われたという報告もあります。

実際にどんな手口で強引な勧誘がされたのか、一例を見てみましょう。

マンションの回線が使えなくなる、という電話

電話での勧誘で「周辺一帯のインターネット回線が使えなくなる」といわれ
「今すぐに乗り換えが必要」と電話での契約をさせられたという報告がありました。

実際にADSLを使っている建物ならインターネット回線が使えなくなります。
でもそれは2023年か2024年以降ということです。

今すぐ、しかも指定の回線に乗り換える必要はありません。
説明を省いて、わざと間違った認識を与えるという詐欺に近い行為です。

インターネット設備の交換に来た、という嘘の訪問

こちらもADSLがサービス終了になるために、インターネット接続の機材を交換する
という業者のふりをした強引な加入代理業者の勧誘です。

ADSLモデムを交換して、その書類として光回線の契約書にサインをさせるという
こちらもかなり強引な方法です。

実際に光回線の機材に交換してしまうとADSLでの接続が出来ません。
インターネットをするために契約が必要、というのは嘘ではないのですが・・・

希望していない機材の交換をして、それに伴う契約を進めるというのはやはり詐欺行為
と言われるものです。

これらの強引な勧誘は本当にあったことです。
ADSLユーザー以外でも十分に注意をしましょう。

ADSLからの乗り換えはモバイルルーターがおすすめ

ADSLがサービス終了するまでに、インターネット接続回線の乗り換えをするなら
現状でおすすめなのはモバイルルーターです。

ADSLユーザーが毎日数GBのデータ通信をしている、とは考えにくいです。
月間20Bや30GBもあれば十分にインターネットを使いこなせるかと。

それを考えるなら光回線やデータ定額プランのモバイルルーターという選択肢は
必要ない、と言える状況です。

それに月額料金を考えても、ネクストモバイルの20ギガプランなど2,000円代の
安い料金プランがADSLからの乗り換えでは負担が少ないです。

ADSLから乗り換えるのを機会にヘビーユーザーになる、と言うなら光回線は
おすすめできるのですが・・・

ADSLのときと同じ感覚で使うなら低容量のモバイルルーターでも十分です。
コストの負担も少ないので私はおすすめします。