住宅の屋根に設置するソーラーパネルについて。

太陽光発電システムという言葉を聞くと、多くの人は真っ先に住宅の屋根に設置するソーラーパネルを連想されるのではないでしょうか。
ソーラーパネルは通称太陽電池モジュールといいます。
電池と聞くと電気を貯める性質があるように思いますが、太陽光電池モジュールには電気を貯める性能はありません。
太陽電池と呼ばれていても、電機を貯めるのではなく、太陽光から電気を作り出す機能を持っています。
ソーラーパネルは大きなものでは畳一畳分くらいのサイズのものもありますが、一般住宅に設置するソーラーパネルは日本の住宅サイズに合った大きさとなっています。
山梨でこれから太陽光発電システムを設置される方は、日本の住宅サイズに合ったソーラーパネルを設置する事になるでしょう。
ソーラーパネルの内部には10cm四方の大きさの正方形の物体がきれいに並んでいて、その一つ一つが太陽光を受けて反応し、光エネルギーを電気に変換して直流電気を発電します。