山梨にとって太陽光発電は身近な存在です。

晴天日数が多く日照時間が長い山梨県は、太陽光発電に適した地域です。
電力会社のメガソーラーの施設があり見学も可能ですし、再生可能エネルギーに関する案内施設も併設されています。
国による太陽光発電の実験施設や、民間企業によるメガソーラーが稼動していますし、他にもメガソーラーの計画が進行中です。

太陽光発電という言葉やパンフレットだけでなく、実際に見ることができる施設がある事は、親近感を抱き普及促進にも貢献するものです。
大学では最先端の燃料電池の研究も行われていて、産官学で環境問題に取り組んでいます。
火力発電や水力発電には不向きな地形ですけど、再生可能エネルギーである太陽光発電には好適地といえます。
山梨はフルーツ王国と言われるように、農産物の生産地です。
自然環境破壊や地球温暖化がもたらす農産物への影響には敏感ですから、太陽光発電の普及は生活にも影響を及ぼす地域といえそうです。
太陽光発電を考える時に、晴天日数や日照時間などの気象条件に恵まれる事で、メリットの大きさが変わります。
山梨は盆地ですから寒暖の差が大きい地域ですけど、内陸部ですから台風が来る事も少ないですし、降雪日数・降雪量も少ないのも太陽光発電に適していると言えます。
富士山のイメージが強いですから、寒冷地・多雪地域と言うイメージが先行しがちですけど、山で隔てられる事で、幾つもの気候が存在しています。
自然の恩恵が多い分、自然の大切さを感じる事で、環境問題の解決策としての太陽光発電への関心の高さに結びつきます。