日照時間の長い山梨で太陽光発電

山梨県は年間の日照時間が長い県でもあるゆえ、この地域特性を活かして太陽光発電
推進をしています。
今や地球温暖化は深刻な問題となり、対策をしていかねばならないのです。
それには、個々の家庭での太陽光発電を取り付けることで、自然エネルギーを使用することで、温暖化対策を推進しているのです。
とはいえ、多くの家庭が太陽光発電をすぐに取り付けることはできません。
というのも、太陽光発電を設置するにも、大きなお金が動くことになります。
自然環境への配慮もしたくても、なかなか出来ない家庭の財布事情があるのです。
そこで、国としては国だけでなく地方自治体からも補助金を出すことにしています。
補助金を受けるには、太陽光発電を設置する企業が執り行ってくれます。
自然エネルギーを使用して、電気を作るのですから自宅での自家発電が可能になります。
そうなると、電気代もそうかかることはありません。
蓄電するので、夜などにも活用できます。
さらに、余った電力は電気会社へ売電できるのが大きなポイントとなります。
毎月かかる電気代がそうかからず、そして売電することで副収入が得ることもできます。
環境にも配慮した生活ができるのです。

さらに、災害時には停電なども予想されます。
その際にも、蓄電してある電気で賄えるので、災害時に使用できるのが良いところでしょう。
太陽光発電を取り付けることで、補助金を得ることで値段も高くない普通車の新車一台分と同じぐらいの金額になります。