本当に安くなるの?

太陽光発電を導入するときのコストは平均して250万円かかると言われており、自治体の補助金を利用しても200万円はかかってしまうものだと思い込んでいました。
しかしインターネットで太陽光発電の価格について深く調べてみると限りなく0円に近い価格で実現することができるそうなのです。
0円ってことはつまり無料で太陽光発電を導入することができるって正直最初は本当かなと疑ってしまったのですが、色々な方法を組み合わせていけば実質無料になるかもしれないです。
まず、数年前に長野県のとある自治体においては太陽光発電の初期費用が高額すぎることから利用者が伸び悩んでおり、なんとか利用者を増やすことができないかと実施した政策があります。
利用者には初期費用無料で太陽光発電に必要なパネルを自宅に設置し、そこから自宅で自家発電をしていくシステムになります。
しかし無料でパネルを設置してもらう代わりに、9年間月々19800円の負担料を支払い、自宅で作った電力を管轄内の電力会社に売電をすることで経済的にも月々の負担を減らすことができるのです。
このように初期設置を無料にし月々の負担を軽くすることで太陽光発電の普及に成功したのではないでしょうか、売電をすることでどんどんお得になっていくのは目に見えているので、こうした自治体の0円設置計画は全国にも拡大してほしいものです。
そして、住宅ローンを利用することでお得に太陽光発電を設置する方法だってあります。
数年前に日銀よりゼロ金利政策が発表され、今の住宅ローンはかつて無いほどの超低金利なのです。
現在の住宅ローンを低金利の住宅ローンに借り換えることにより、太陽光発電を0円で導入できる可能性があるのです。
こうした太陽光発電の導入を光熱費としてとらえるのではなく不動産と同じ資産としてとらえることで設置をかなり安く抑えることができるかもしれないです。
一度、リフォーム会社や金融機関にご相談されてみるとびっくりするくらいに安く導入できるかもしれないですよ。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>